hot-lifeinfo

スカイリムプレイ日記【PC版】ファルクリースの首長と初面会

スカイリムPC版攻略プレイ日記!

 

ファルクリースの首長と初面会

 

この辺とっても気になりますよね。

 

スカイリム攻略プレイ日記。

 

今回はファルクリースの首長と初面会しに行くところを紹介します。

 

 

 

スカイリムPC版攻略☆ファルクリースの首長と面会

 

ファルクリースを訪問し、宿屋や雑貨を回り情報収集をします。

 

だいたい話を聞終え、ここに来た目的ファルクリースの首長に面会しにいきます

 

首長の屋敷はでっかいだろうなと思い場所を調べ歩きます。

 

すると意外に宿屋付近にあり、屋敷というより村役場の感じがありました

 

首長の長屋に入ります。

 

すると目の前に王座があり人が座っています

 

あの人が首長でしょうか?

 

声をかけてみます。

 

首長シドゲイル:何だ?何の用だ?

 

プレイヤー:手紙をもらったプレイヤーだ

 

首長シドゲイル:ああ、君がそうか。

では噂通りの自分物かどうか、ちょっと確かめようじゃないか。

この地には山賊がいる。私は彼らと・・何度かの取引をしていたんだがね。

当初は私の取り分も悪くなかったが、そろそろ清算をしたくなったのだよ。

君が片付けてくれないか。

 

あまり気分がいいクエストではないですが、承諾します。

 

目標”バイルガルチ鉱山で敵のリーダーを倒す”と表示されました。

 

ついでに首長は結構若い男性なのでちょっと聞いてみます。

 

プレイヤー:そんな若さでどうして首長になれたんだ。

 

首長:おじのデンジェールが最近まで首長だった。

老いて身体の衰えを感じてきたから、身を引いたってわけさ。

おじは現在、従士を立派に努めている。

そしてこの要塞の利益を最大限に考え、自分が首長になったんだ。

 

デンジェールという人物はこの街のどこかで会えそうな気がしますね。

 

プレイヤー:経験不足だと仕事が大変じゃないか?

 

首長:大変だって?こっちは首長だ。

肉汁したたる肉を食べ、最高のビールを飲み、犬舎でトップクラスの猟犬を使って狩りをする。

その間、とびきり優秀な執政が平民の要求を聞き、ここの運営がスムーズに運ぶようにしている。

首長の暮らしはこの上なく簡単だ。いつか試してみるといい。

 

首長は責任のある難しいことは執政にまかせて、

 

ある程度楽にしているような感じですね。

 

スカイリムPC版攻略☆ロード時に表示されるTIPSまとめ

 

  • ”この時代にタムリエルの伝説上の偉人たちの中でも最も偉大であり、今日のノルド王たちすべての先建であるイスグラモルが現れた。”–筆者不明、帝国へのポケットガイド。
  • スカイリムに棲息するサーベルキャットは大型で凶暴な肉食獣であり、しばしば街道を外れて荒野へ迷い込んだ旅人を待ち伏せして襲い掛かる。
  • ディドラの王子は異次元世界オブリビオンに棲む(すむ)神の存在である。その大半は邪悪な存在といわれており、礼拝者たちに文明の地から遠く離れた場所に祠を作らせている。

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!


スカイリム攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

まとめ

今回は『スカイリムPC版攻略プレイ日記!ファルクリースの首長と初面会』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■スカイリムPC版攻略☆ファルクリースの首長と面会

⇒首長の居場所は宿屋近くの村役場みたいな場所で、バイルガルチ鉱山の山賊討伐の依頼を受けた。

 

■スカイリムPC版攻略☆ロード時に表示されるTIPSまとめ

⇒ディドラの王子は異次元世界オブリビオンに棲む(すむ)神の存在である。

 

 

 

こちらもどうぞ!スカイリムをとことん楽しむためのハードはコレ!

 

今回はファルクリースの宿屋と雑貨屋で話を聞く活動を紹介しました。

 

 

 

 


スカイリムのようなゲームを創るプログラマーになりたい!


ゲーム好きがゲームプログラマーを目指す!

でも、どうすればいいの?

そんな時は「大坂アミューズメントメディア専門学校」に行きましょう!

いやいや、この学校の評判とかどうなの?

という時はこちら

大坂アミューズメントメディア専門学校の評判※学費が高い等の悪い口コミはある?






  ↑  ↑  ↑

スカイリムの醍醐味はMOD!

このMODをとことん楽しむには、

やはりPC一択!

ハイスペックなPCでスカイリムをとことん楽しんじゃおう!






Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ