hot-lifeinfo

スカイリムの登場人物「メイビン・ブラック・ブライア」について解説!

スカイリムの登場人物「メイビン・ブラック・ブライア」とは

 

この辺とっても気になりますよね。

 

スカイリムの登場人物「メイビン・ブラック・ブライア」について解説致します!

 

 

スカイリムの登場人物☆メイビンとは?

 

メイビン・ブラック・ブライアとは、

 

リフテンにあるブラック・ブライア蜂蜜酒醸造所の経営者であり

 

リフテンの影の支配者と呼ばれる女性です。

 

リフテンには、ライラ・ロー・ギバーという女性の首長がきちんと居るのですが

 

彼女はリフテンのために具体的な政策を執り行っておらず、

 

リフテンの市民からもリフテンの支配者はメイビンだと認識されています。

 

メイビンは中年の女性であり、腐敗の都リフテンを支配している悪女です。

 

ノルド人である彼女は気の強い女性であり、

 

自らの利益のためには苦労を惜しまず人を蹴落とすことにも躊躇しません。

 

一代にしてリフテン近郊の蜂蜜酒醸造所を手中に収めた彼女は、

 

リフテンにある盗賊ギルドを利用し、

 

自分の蜂蜜酒醸造所に盾突く人間や競合他社を壊滅させました。

 

醸造所という資金源を手に入れたメイビンは、

 

その金を使い様々な分野に投資を行い成功していきました。

 

また、同時にスカイリム内外の多種多様な人間とコネを作り上げました。

 

まさしく、豪商です。

 

ちなみに、メイビンには子供たちが居ます。

 

息子は殺人罪でリフテン監獄に投獄され、

 

娘はリフテンの錬金術店で錬金術を学んでいます。

 

豪商の子供であることを生かして、自由気ままに自分のやりたいことをやっています。

 

スカイリムの登場人物☆メイビンが登場するクエスト

 

メイビンは様々な人物とコネがあり、

 

そのコネのおかげで様々なクエストで彼女の姿を目撃します

 

まず、スカイリムのメインクエスト「外交特権」において

 

サルモール大使館にメイビンは招待されています。

 

メイビンは色々な人に言えないような仕事もこなしているので、

 

その過程でサルモールともコネが出来上がったのだと考えられます。怖い。

 

次に、盗賊ギルドのクエスト「湿ったスピリッツ」において

 

雇い主として登場します。

 

ちなみに、スカイリムの主人公を見るや否や開口一言目に怒ってきます。

 

怖い。

 

さらに、スカイリムの主人公が

 

盗賊ギルドの新ギルドマスターに就任する就任式でも彼女は姿を表します。

 

一応、激励の言葉を掛けてくれますが、やっぱり怖いです。

 

また、メイビンは怖いオバちゃんですがどこかのデルフィンや

 

どこかのエズバーンのように理不尽なことは要求してきません

 

基本的に主人公とメイビンはギブアンドテイクの関係です。

 

主人公が働けば、その分メイビンも便宜を図ってくれます。

 

それから、悪女であることは間違いありませんが、

 

噓はつきませんし言いたい事はズバっと!言ってくれます。

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!


スカイリムの攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

まとめ

今回は『スカイリムの登場人物「メイビン・ブラック・ブライア」について解説!』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■スカイリムの登場人物☆メイビンとは?

⇒中年の女性であり、腐敗の都リフテンを支配している悪女です。

 

■スカイリムの登場人物☆メイビンが登場するクエスト

⇒様々な人物とコネがあり、様々なクエストで彼女の姿を目撃します。

 

こちらもどうぞ!スカイリムをとことん楽しむためのハードはコレ!

 

スカイリムに必要なパソコンスペックは?PS4やスイッチ版との違いは

 

 

メイビン・ブラック・ブライアは

 

リフテンのブラック・ブライア蜂蜜酒醸造所の経営者であり、

 

リフテンの影の支配者です。

 

盗賊ギルドを顎で使い、あのサルモールともコネがあります。

 

蜂蜜酒の販売で得た資金を使って、様々な事業や人物に投資しています。

 

悪女であることに変わりありませんが、

 

突き抜けた悪党であるので見ていて気持ちいいくらいです。

 

以上でメイビンの解説を終わります。

 

 

 

 

 

  ↑  ↑  ↑

スカイリムの醍醐味はMOD!

このMODをとことん楽しむには、

やはりPC一択!

ハイスペックなPCでスカイリムをとことん楽しんじゃおう!






Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ