NFT ゲーム|BomB Cryptoとは?

NFT ゲーム|BomB Cryptoとは? お役立ち情報

ネット上でよく目にする「NFTゲーム」。Axie Infinity(アクシーインフィニティ)などがとても有名ですね。今回は、Bomb Crypto(ボムクリプト)について詳しく解説していきたいと思います!まずは、NFTゲームがイマイチよく分からない方のために簡単にご説明しましょう。

NFT ゲームとは

NFT ゲームは、ブロックチェーンゲームとも呼ばれます。ゲーム内のキャラクターやアイテムがNFTトークン化され、資産として独自の価値を持っています。

これにより、自分で作ったり、育てたキャラクターをリアルマネーで販売することができます。実際にNFTゲームでアルバイト代わりに副業したり、生活費を稼いでる人たちもいるくらいなんです。

ゲームのプレイ自体も普通のオンラインゲームとほぼ同じで、他のソーシャルゲームと同じようにスマホやPCで空いた時間に気軽にプレイできます。

NFTゲーム「Bomb Crypto(ボムクリプト)」とは

そんなNFTゲームの中で、昨年末バイナンススマートチェーン上で上位にくい込んだゲームが「Bomb Crypto(ボムクリプト)」です。

  • ジャンル:放置系RPG
  • プラットフォーム:Webブラウザ
  • ネットワーク:バイナンススマートチェーン
  • トークン名:Bombcrypto(BCOIN)
  • 対応言語:英語
  • リリース:2021年9月30日
  • 開発国:シンガポール

Bomb Crypto(ボムクリプト)はどんなゲーム?

簡単に説明すると、ゲーム内のキャラクターであるヒーローが、爆弾で宝箱を破壊していきます。宝箱を破壊することで「Bcoin」と呼ばれる仮想通貨が貰えます。このBcoinを入手することで、ガチャを回したり、換金したりすることができます。実際の操作も簡単でNFT ゲームが初めてという初心者の方でも始めやすいゲームです。

このBomb Crypto(ボムクリプト)が話題になったり、人気になった理由として、ある程度自動的に仮想通貨を稼げるというPlay to Earnがあげられます。

Play to Earnとは

ブロックチェーン上に作られたNFTゲームが話題にあがることが増え、Play to Earnという言葉を耳にする方も多くなったのではないでしょうか。Play to Earnとは、「遊んで稼ぐ」という概念で、NFTゲームをプレイしてお金を稼ぐことを意味します。

これまでのゲームは、遊びとして楽しむことがメインでしたが、ブロックチェーン技術により、仮想通貨 ゲームを組み合わせが可能となり、ゲームをプレイしてお金を稼ぐ仕組みが生まれました。

Play to Earnでは、ゲームとブロックチェーンや仮想通貨を組み合わせることで、対戦での勝利報酬だけでなく、クエスト報酬やアイテム販売など、これまでになかった稼ぎ方が可能になりました。

BombCrypto(ボムクリプト)のルール

・ゲームを始めるには、1体以上のヒーローが必要

・ヒーローは、1回/10 Bcoinのガチャかマーケットプレースで入手

・ヒーローにはステータス・レアリティ・スキルがある

・ヒーローは最大15体まで同時に使用可能

・ヒーローは爆弾を1つおくことで、スタミナを1消費(ヒーローはスタミナがなくなるまで動き続ける)

・ヒーローが宝箱を壊すとBCoinがもらえる

・40 Bcoin以上が貯まったら、手数料3%を引いた額を実際に引き出せる(最低でもウォレット(MetaMask)に1 Bcoinが必要)

ルールをざっくり説明してみましたが簡単ですよね。しかもこのBombCrypto(ボムクリプト)、ユーザーがプレイしていない間もせっせと宝箱を壊し続けてくれるのです。この放置していてもユーザーのために稼ぎ続けてくれるというのが人気の理由でもあるのです。

最後に

いかがでした?もし興味をもった方がいれば、ぜひ調べてみることをおすすめします。副業とまで言えるかどうかは皆さん次第ですが、ゲームをプレイして稼げるなんて、ゲーム好きにはたまりませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました