hot-lifeinfo

スカイリムスイッチ版のレビュー☆メリットやアミーボの使い方とは!

スカイリムスイッチ版のレビュー

 

メリットやアミーボの使い方とは!

 

この辺とっても気になりますよね。

 

 

「スカイリム」。

 

それは多くのゲーマーを虜にしてきたビッグタイトルである。

 

その「スカイリム」が遂にNintendo Switchで発売されました。

 

 

いままではPS3、PS4、Xbox360、XboxOne、PCでしか

 

遊べなかったタイトルです。

 

 

任天堂の出している機種で遊べるようになったのは

 

今回が初となります。

 

 

「スカイリム」を遊びつくした方や、遊んだことないんだよね、

 

という方々にもおすすめの1作となっています。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

スカイリムスイッチ版☆メリット1

Nintendo Switchの別のゲームを遊んだことのある人は

 

ご存知かと思いますが、

 

そうでない人は重要なことだと思いますが、

 

近年携帯ゲーム機を自分含め

 

あまり遊ばなくなってはいないですか?

 

自分も昔はゲームボーイから始まり

 

色々な携帯ゲーム機を遊んできた身です。

 

しかしPSVitaや3DS辺りから

 

ほとんど携帯ゲーム機を触っていません。

 

理由は簡単です。

 

家庭用ゲーム機が楽しすぎる、

 

外でするゲームならスマホのアプリがいくらでもある。

 

こんな状況だと携帯ゲーム機の需要も

 

下がってしまいますよね。

 

しかし、そんな中にありながら

 

Nintendo Switchは外でも遊べる家庭用ゲーム機であります。

 

この特性を生かした「スカイリム」。

 

つまり、外でもスカイリムが出来る!

 

これにつきます。

 

リアルの自分は外へお出かけという名の冒険へ行き、

 

「スカイリム」の主人公であるあなたの分身は

 

「スカイリム」の世界を冒険している。

 

こんな状況を生み出すことが出来るのです。

 

いかがです?

 

胸躍る冒険を一緒に体験できるというわけです。

 

当然、家に帰れば家庭用のゲームでプレイできますし、

 

もしも家族内でテレビの争奪戦が起きたとしても

 

ソファに寝っ転がって争奪戦横目に「スカイリム」を遊べます。

 

 

 

スカイリムスイッチ版のメリット2☆アミーボの使い方

 

ammiiboが利用できる

 

ammiiboとは今までの任天堂が発売してきた

 

ゲームに登場したキャラクターをモデルとしたフィギュアです。

 

代表はみなさんご存知の、マリオ

 

そのほかにもゼルダの伝説シリーズの主人公であるリンクなど

 

その種類は多種多様です。

 

ただコレクションするにも良いアイテムではありますが、

 

ammiiboの真価はそこではありません。

 

任天堂のゲーム機と連動することによって

 

様々な特典が得られるのがこのammiiboのすごいところ。

 

そんなammiiboと「スカイリム」を

 

連動させることによって得ることのできる

 

メリットは大きいと思います。

 

例えばゼルダの伝説シリーズのammiiboである

 

リンクのammiiboを読み込ませることにより

 

ゼルダシリーズの衣装やアイテムなんかが

 

手に入るという仕組みです。

 

ちなみに、現状は上記のゼルダシリーズのみ対応しているみたいです。

 

これからどんどん増えていってくれることを願っております。

 

お願いします任天堂さん!

 

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!


スカイリム攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

 

まとめ

今回は『スカイリムスイッチ版のレビュー☆メリットやアミーボの使い方とは!』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■スカイリムスイッチ版☆メリット1

⇒外でもスカイリムができる

 

■スカイリムスイッチ版のメリット2☆アミーボの使い方

⇒ゼルダの伝説シリーズのammiiboを読み込ませることで衣装やアイテムが手に入ります

 

こちらもどうぞ!スカイリムをとことん楽しむためのハードはコレ!

 

上記のメリット1と2から、

 

今までに「スカイリム」の評価に加えて

 

さらに爆上がりしそうなそんな感じのする

 

Nintendo Switch版「スカイリム」遊んでみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ