hot-lifeinfo

スカイリムの『エイドラ・デイドラ』とは!違いに関しての解説

スカイリムの『エイドラ・デイドラ』とは!

 

違いに関しての解説

 

この辺とっても気になりますよね。

 

そもそもエイドラとデイドラとは?

 

簡単に説明すると、エイドラはタムリエルの人々に崇拝される

 

九大神のことです。

 

また、デイドラはオブリビオンという領域に住む存在で

 

どちらかというと悪魔崇拝のような形でタムリエルの人々に崇拝されています。

 

スカイリムのエイドラとは?

 

エイドラはエセリウスに住む、一般的に神と呼ばれる存在です。

 

エイドラは姿を現すことが少なく、秩序を重んじる傾向にあります。

 

エイドラは人間の世界であるムンダスの創造に関わっており、

 

ムンダスを作り上げた影響で元々不死であったエイドラは

 

不死ではなくなってしまいました。

 

ムンダスの創造を推し進めたロルカーンと呼ばれるエイドラは、

 

エイドラ全体が不死ではなくなったことで

 

他のエイドラから反感を買いロルカーンの心臓は引き抜かれてしまいました。

 

また、エルフは自分達がエイドラの子孫であると信じています。

 

スカイリムのデイドラとは?

 

ムンダスのすぐ外側にある世界オブリビオンに住む不死の存在です。

 

スカイリムのゲーム中に主人公に接触するデイドラは、

 

デイドラの中でも特に強い力を持った存在で

 

デイドラロードと呼ばれています。

 

ムンダスに直接出向くこともあり、

 

ムンダスで倒されたデイドラロードは消滅せず

 

オブリビオンの自分が支配する領域に戻ります。

 

デイドラはエイドラのように秩序を好んでいるわけではありません。

 

デイドラは無秩序や混沌を好み、人間に接触すると基本的にろくな事をしません

 

ですが、人間そのものが嫌いなわけではなく

 

勇者や自分に忠義を尽くすものには褒美を与えます

 

この褒美というものがデイドラの魔力が込められた遺物であり、

 

ゲームではデイドラの秘法という形でプレイヤーの手に入ります。

 

スカイリム☆エイドラとデイドラの違い

 

この二つの種族の大きな違いは信仰が公に認められているかどうかです。

 

エイドラは九大神であり九大神はシロディール帝国の国教として

 

認められているので、祠を街に作って信仰しても避難されることはありません。

 

デイドラは民衆に邪悪なものと認識されており、

 

信仰する人間はデイドラ信者と罵られ最悪の場合はステンダールという

 

エイドラの信者に殺されてしまう場合もあります。

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!


スカイリム攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

まとめ

今回は『スカイリムの『エイドラ・デイドラ』とは!違いに関しての解説』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■そもそもエイドラとデイドラとは?

⇒エイドラは人々に崇拝される九大神、デイドラはオブリビオンで悪魔崇拝されている

 

■スカイリムのエイドラとは?

⇒エセリウスに住む、一般的に神と呼ばれる存在

 

■スカイリムのデイドラとは?

⇒オブリビオンに住む不死の存在

 

■スカイリム☆エイドラとデイドラの違い

⇒信仰が公に認められているかどうか

 

 

こちらもどうぞ!スカイリムをとことん楽しむためのハードはコレ!

 

 

エイドラは秩序を好み、信仰をシロディール帝国に認められています

 

デイドラは秩序を嫌い、信仰をシロディール帝国に認められていません

 

エイドラはムンダス・オブリビオンのさらに外側にある領域、

 

エセリウスに住んでいます。

 

デイドラはムンダスの外側にあるオブリビオンに住み、

 

エセリウスの内側に居ます。

 

エイドラが直接人間の前に姿を現すことは少ないです、

 

これはエイドラの住むエセリウスがムンダスから

 

最も離れた領域にあるのが原因です。

 

対して、デイドラは事あるごとに人間の前に姿を現しちょっかいを出します。

 

両者の共通点は、人間と接点があり

 

人間とは異なる次元で暮らしているということです。

 

以上でエイドラとデイドラの解説を終わります。

 

今回紹介した知識が貴方のスカイリムライフの助けになれば幸いです。

 

 

 

 

  ↑  ↑  ↑

スカイリムの醍醐味はMOD!

このMODをとことん楽しむには、

やはりPC一択!

ハイスペックなPCでスカイリムをとことん楽しんじゃおう!






Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ