hot-lifeinfo

スカイリムで傭兵を雇うと快適生活できるの?事件の意味はどういうこと

スカイリムで傭兵を雇うと快適生活できるの?

 

事件の意味はどういうこと?

 

この辺とっても気になりますよね。

 

 

今回はスカイリムでの傭兵と事件の意味に

 

ついてお届けします。

 

 

スカイリムでは傭兵を雇って戦闘を有利に進めることが出来ます。

 

メインストーリーなどで勝手についてくるフォロワーとは違い、

 

戦闘能力が高いキャラクターが多いのが特徴ですね。

 

 

フォロワーとして仲間になる傭兵以外にも、

 

スカイリムにおける傭兵は別の意味もあるんですよね。

 

 

Sponsored Link

 

 

スカイリムで傭兵を雇うと快適生活できるの?

Airllさん(@airll.dov)がシェアした投稿

 

主に各都市の宿屋や酒場に居るフォロワーのことを傭兵と言います。

 

それぞれの傭兵たちの共通点は

 

500ゴールドで雇える。一度クビにしても、直後ならば無料で再雇用できる。

 

・ダンジョンなどでは、状況や場所に応じて適切なセリフをしゃべるので、

ゲームに深みが増す。

 

といった点ですね。

 

基本的に一人旅になりがちなスカイリムですが、

 

500ゴールドと比較的リーズナブルなプライスで

 

戦力を補強できるのでオススメです。

 

 

濃いキャラクターばかりなので、

 

最終的には戦闘能力だけではなく、

 

個性で選ぶのもいいと思います。

 

 

具体的なキャラクターは以下の通り。

 

ジェナッサ(ホワイトラン 酔いどれハンツマン)

二刀流で戦闘力が高く、序盤から終盤まで頼りになります。オススメ!

 

ベルランド(ソリチュード ウィンキングスキーヴァー)

魔法剣士。ソリチュードのハゲといえばこの人を指す。

 

マーキュリオ(リフテン ビーアンドバルブ)

破壊魔法の使い手で電撃が得意。

 

ステンヴァール(ウィンドヘルム キャンドルハースホール)

口数が多く、気の利いたセリフが多いので戦力としてではなく、暇つぶしに連れまわすのもオススメ。

 

ヴォルスタグ(マルカルス シルバーブラッド)

寒いのが苦手らしく、全体的に寒い土地柄のスカイリムにおいては頻繁に愚痴を聞ける。

 

虐殺者エリク(ロリクステッド フロストフルーツ)

クエストをクリアする必要あり

 

どうやらスカイリムの発売を心待ちにしていたが、

 

発売を待たずして他界してしまった方が名前の由来らしい。

 

 

 

実はこっちの意味の方が有名-事件を追う傭兵

Airllさん(@airll.dov)がシェアした投稿

スカイリムで傭兵というと、

 

フォロワーのことではなく

 

事件が発生すると警察のように動き回っている

 

名もなき傭兵を指すことが多いんですよね。

 

 

実際に、傭兵について検索すると

 

こちらの意味でヒットすることが多いのでびっくりしました。

 

 

 

スカイリムをとことん楽しむためのハードランキング

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

スカイリム攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

 

スカイリムの傭兵についてまとめ

今回は『スカイリムで傭兵を雇うと快適生活できるの?事件の意味はどういうこと』についてお届けしました。

 

まとめますね。

 

スカイリムで傭兵を雇うと快適生活できるの?

⇒500ゴールドで雇える。クビにしても、直後ならば無料で再雇用可能。

 ダンジョンなどで適切なセリフをしゃべるので、ゲームに深みが増す。

ジェナッサ(ホワイトラン 酔いどれハンツマン)、

ベルランド(ソリチュード ウィンキングスキーヴァー)、

マーキュリオ(リフテン ビーアンドバルブ)、

ステンヴァール(ウィンドヘルム キャンドルハースホール)、

ヴォルスタグ(マルカルス シルバーブラッド)、

虐殺者エリク(ロリクステッド フロストフルーツ)

 

実はこっちの意味の方が有名-事件を追う傭兵

⇒警察のように動き回っている名もなき傭兵

 

 

傭兵は各地で500ゴールで雇うことができるフォロワーのこと。

 

別の意味で有名な傭兵は事件が起きるとその辺を徘徊してあなたに聞き込みをしてきます。

 

 

スカイリムでは本当に個性的な人物が多いので、

 

時折しゃべる言葉に耳を傾けているだけでも楽しめますよ。

 

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ