hot-lifeinfo

スカイリム【スイッチ版】戦いの幅が広がる隠密スキル活用法を紹介!

スカイリム【スイッチ版】戦いの幅が広がる隠密スキル活用法を紹介!

 

この辺とっても気になりますよね。

 

敵が強すぎて勝てない?

 

そんなあなたに、逃げて隠れて先手必勝な隠密スキルをおススメします!

 

このスキルですが、レベルを上げてparkを獲得していくと恐ろしい強さになります。

 

まずは特徴からご紹介します!

 

スカイリム【スイッチ版】の世界でコソコソする意味。隠密スキルの有用性をご紹介します!

 

隠密スキルはざっくり言うと、見つからずに隠れて行動をする為のスキルです。

 

ニンテンドースイッチでは、事で、

 

キャラクターがしゃがんだ中腰状態になりますが、この状態が隠密状態で、

 

この状態では、移動速度が遅くなりますが、敵に見つかりにくくなります

 

そして、気付かれず敵に攻撃する事が出来ると、

 

通常の倍のダメージを与える事が出来ます。

 

スキルレベルを上げてparkを取っていくと、

 

武器は限られますがさらに数倍のダメージを与える事もできます!

 

さらにスキルレベルを上げていくと戦闘中に姿を消すparkもとる事ができ

 

数倍ダメージがいつでも出来る様になり、

 

隠れるだけでなく、戦いでも活躍する事間違いありません。

 

スカイリム【スイッチ版】では、隠密スキルを強くする事でしか出来ない事がある!?

 

隠密スキルは敵に見つかりにくくなるスキルなので、

 

開錠スキルとスリスキルを上げて、多くの家に忍び込んで盗みを働く事も可能ですが、

 

見つかっていない状態で攻撃を行うと

 

ダメージが3倍になる弓で見つからずに多くの敵を倒す事や、

 

戦闘でも防御スキルを上げて

 

防御中一定時間スローモーションにするクイックリフレックスと、

 

隠密スキルで姿を消すparkを使い、敵にカウンターをするような形で

 

数倍ダメージを入れる事も可能です。

 

 

スイッチ版スカイリムでも、効率的なスキル上げの方法はあるの!?

 

PS3版でも効率の良いスキル上げの方法がありましたが、

 

スイッチ版でも使用できるの?という方もいるかと思います。

 

現時点で私が使用して問題なかった方法を下記で紹介します!

 

最初のヘルゲン脱出時、クマが居る洞窟の様な場所で、

 

ハドバルもしくはレイロフに隠密状態について教わる場面で、

 

この二人に対しても隠密状態で攻撃をする事ができる上、

 

死なない特性を持っている為、隠密状態を繰り返し、

 

スキルを簡単に上げる事が出来ます。

 

もうヘルゲンから脱出してしまった方は、頑張って1000ゴールド貯めて馬を買って下さい。

 

人がいない所で、システムの設定からゲームプレイ難易度を変更できるので

 

一番難しいLegendaryにした後、馬に対して前述の行動を繰り返して下さい!

 

序盤から隠密スキルを上げて進めたい方は上記の方法か、

 

他にも方法がある様なので調べてトライしてみて下さい!

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!


スカイリム攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

まとめ

今回は『スカイリム【スイッチ版】戦いの幅が広がる隠密スキル活用法を紹介!

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■スカイリム【スイッチ版】の世界でコソコソする意味。隠密スキルの有用性をご紹介します!

⇒移動速度が遅くなりますが、敵に見つかりにくくなります。

 

■スカイリム【スイッチ版】では、隠密スキルを強くする事でしか出来ない事がある!?

⇒ダメージが3倍になる弓で見つからずに多くの敵を倒す事ができます。

 

■スイッチ版スカイリムでも、効率的なスキル上げの方法はあるの!?

⇒ハドバルもしくはレイロフに隠密状態を繰り返してスキルをあげることができます。

 

こちらもどうぞ!スカイリムをとことん楽しむためのハードはコレ!

 

隠密スキルについて今回は紹介させていただきました。

 

戦闘で逃げる時も戦う時も、悪い事をする時も有用なスキルで、

 

非常にオススメなスキルでもあります。

 

是非このスキルでスカイリムを中腰(隠密モード)で楽しんで下さい!

 

 

 

 

 

  ↑  ↑  ↑

スカイリムの醍醐味はMOD!

このMODをとことん楽しむには、

やはりPC一択!

ハイスペックなPCでスカイリムをとことん楽しんじゃおう!






Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ