hot-lifeinfo

スカイリム「アエラ」とは!結婚する方法などについても解説します

スカイリム「アエラ」とは!結婚する方法など。

 

この辺とっても気になりますよね。

 

今回はこの辺についても解説します!

 

 

 

スカイリム☆狩猟の女神アエラとは?

 

狩猟の女神アエラとはホワイトランに本拠地を置く、

 

同胞団の幹部である勇ましい女戦士です。

 

ちなみに、狩猟の女神とは誤訳であり原文をそのまま訳すと女狩人になる。

 

なので、本当の名前は女狩人アエラ

 

もちろん、神様ではなく普通の女性です。

 

アエラは独立心が強く、気が強い頼りになる

 

姐さんのようなキャラクターです。

 

アエラは弓の扱いに長けており、同胞団に入団した場合は

 

弓術のトレーナーになり訓練してもらうことが可能です。

 

普段は、同胞団の同じく幹部である

 

スコール・ファルカス・ヴィルカスと共に

 

同胞団の団員に仕事を割り振っています。

 

また、アエラは同胞団の中では珍しい弓術と隠密術を得意とする

 

シーフのようなスキル構成です。

 

スカイリム☆同胞団メインクエストにおけるアエラ

 

プレイヤーが同胞団に入団すると、まずは先ほど紹介した

 

同胞団の幹部一人ずつから仕事を請け負うことになります。

 

そして、仕事を終えるとある遺跡に

 

ウースラドの斧の欠片を取りに行くことになり、

 

見事に遺跡からウースラドの斧の欠片を持ちかえると

 

同胞団の一員として正式に認められます

 

ちなみに、初見では今まで正式採用じゃなかったのかインターンかよと思いました。

 

プレイヤーが同胞団に正式加入する頃になると、

 

同胞団はシルバーハンドと呼ばれる

 

ウェアウルフを狩る傭兵集団に襲われるようになります。

 

なぜかというと、同胞団の幹部は全員がウェアウルフだったからです。

 

アエラも、もちろんウェアウルフで自分のウェアウルフへの変身能力を

 

ハーシーンからの祝福」と言っています。

 

プレイヤーも同胞団の幹部になるために、

 

アエラの血を受け取りウェアウルフになります。

 

スカイリム☆同胞団メインクエスト後のアエラと結婚する方法

 

同胞団を襲ったシルバーハンドを片付け、

 

プレイヤーが同胞団の導き手になるとアエラと結婚できるようになります。

 

アエラと結婚したいプレイヤーは、同胞団のメインクエストをクリアして

 

同胞団の導き手になってからプロポーズしてください。

 

同胞団のメインクエストを全てクリア前は

 

アエラには不死属性が付いているのですが、

 

同胞団のメインクエストを全てクリアすると不死属性が外れてしまいます。

 

また、同胞団のメインクエストを全てクリアすることで

 

従者として連れ回すことができるようになります

 

ただ、不死属性がないので膝をついた状態で攻撃を食らうと死んでしまいます。

 

アエラを従者として連れ回す場合は注意してください。

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!


スカイリム攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

まとめ

今回は『スカイリム「アエラ」とは!結婚する方法などについても解説します』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■スカイリム☆狩猟の女神アエラとは?

⇒同胞団の幹部である勇ましい女戦士です。

 

■スカイリム☆同胞団メインクエストにおけるアエラ

⇒アエラは、自分のウェアウルフへの変身能力を「ハーシーンからの祝福」と言っています。

 

■スカイリム☆同胞団メインクエスト後のアエラと結婚する方法

⇒同胞団のメインクエストをクリアして同胞団の導き手になってからプロポーズしてください。

 

こちらもどうぞ!スカイリムをとことん楽しむためのハードはコレ!

 

狩猟の女神アエラは同胞団の幹部であり、

 

弓術のトレーナーであり、頼れる姐さんキャラクターです。

 

自分がウェアウルフであることに誇りを感じており、

 

治療が可能になってもウェアウルフのままで在り続けます。

 

プライドが高く孤立しがちですが、

 

気に入った人間は独占しようとする可愛い姐さんです。

 

以上で狩猟の女神アエラについての解説を終わります。

 

 

 

 

  ↑  ↑  ↑

スカイリムの醍醐味はMOD!

このMODをとことん楽しむには、

やはりPC一択!

ハイスペックなPCでスカイリムをとことん楽しんじゃおう!






Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ