hot-lifeinfo

スカイリム「二刀流」のおすすめのやり方について解説!

スカイリム「二刀流」のやり方とは!

 

この辺とっても気になりますよね。

 

今回はおすすめのやり方についてお届けします。

 

 

スカイリムのおすすめ二刀流とは?

 

スカイリムでは両手に武器を持つことができます

 

両手武器を使用すると両手を使って構えるので、

 

両手は武器で自動的に塞がれます。

 

片手に武器を持って、もう片方の手で魔法を構えることで

 

魔法剣士になることもできます。

 

そして、両手に片手武器を持つことで二刀流になることができます。

 

二刀流って響きからしてもカッコイイですよね!

 

二刀流になると、強攻撃が変化します。

 

片手ずつの強攻撃は振り下ろしなのですが、

 

両手で同時に強攻撃を入力すると特殊な強攻撃モーションが発生します。

 

一人称ではなんか片手武器を滅茶苦茶に振り回しているだけのように見えますが、

 

三人称で見るとどうやって攻撃しているのかがよく分かります。

 

両手同時に強攻撃は、

 

コマのようにグルグル回りながら片手武器を振り回します

 

洞窟や通路などの狭い場所で発動することで、

 

敵を一網打尽にすることも可能です。

 

スカイリムおすすめ☆二刀流の特徴

 

スカイリムの攻撃速度は武器によって異なります

 

攻撃速度は武器そのものが持つ攻撃力が高ければ高いほど、遅くなります。

 

逆に攻撃力が低ければ低いほど、早くなります。

 

一番早いのはダガーで、一番遅いのはメイスです。

 

二刀流で武器を装備した場合にも、

 

この武器の種類による攻撃速度は適用されます。

 

ダガーを両手に構えれば、素早い攻撃速度の代わりに

 

一発一発のダメージが低い二刀流になります。

 

メイスを両手に構えれば、遅い攻撃速度の代わりに

 

一発一発のダメージが高い二刀流になります。

 

二刀流と一括りに言っても装備する武器の種類により、

 

まったく別物の二刀流に変わる可能性があります。

 

また、二刀流とは盾や魔法などの可能性を捨て

 

武器そのものと自身のパークによる火力に特化したスタイルです。

 

なので、スピーディーに相手を倒さないと

 

相手からの反撃で先に死んでしまいます。

 

そのため強攻撃を使用し、なるべく短時間でダメージを稼ぐ必要があります。

 

ですが、強攻撃を多用するということは

 

普段の二倍以上スタミナの消費が早くなるということです。

 

なので、二刀流となってスカイリムを生きていくことを決意した場合は

 

レベルアップ時のステータス上昇でスタミナを選択しましょう。

 

多少体力が多くても、火力で押し切らなければ

 

相手のフィニッシュモーションが発動して死にます。

 

肉を切らせて骨を切る。

 

これがスカイリムの二刀流です。

 

ちなみに、シャウト「激しい力」を使用することで

 

攻撃速度を上昇させることができます。

 

このシャウトを使用した状態で、ダガー二本の二刀流で戦うと別ゲーか!?

 

と思うくらいに攻撃速度が速くなります。

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!


スカイリム攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

まとめ

今回は『スカイリム「二刀流」のおすすめのやり方について解説!』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■スカイリムのおすすめ二刀流とは?

⇒二刀流になると、強攻撃が変化します。

 

■スカイリムおすすめ☆二刀流の特徴

⇒攻撃速度は武器によって異なります。

 

 

こちらもどうぞ!スカイリムをとことん楽しむためのハードはコレ!

 

スカイリム☆パソコンのスペックはどれ位必要?PS4やスイッチ版との違いは

 

 

二刀流を使用する場合は、どの片手武器を使用するかきちんと考えましょう。

 

ダガー・剣・斧・メイス、どの武器にも一長一短があります。

 

また、スタミナをレベルアップ時に強化することを忘れないようにしましょう。

 

結局、体力があってもスタミナがなければジリ貧で死にます。

 

スタミナを増やしてパークを取り、一気にゴリ押しましょう。

 

ゴリ押しはスカイリムにおいて正義です。

 

以上で二刀流の解説を終わります。

 

 

 

 

 

  ↑  ↑  ↑

スカイリムの醍醐味はMOD!

このMODをとことん楽しむには、

やはりPC一択!

ハイスペックなPCでスカイリムをとことん楽しんじゃおう!






Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ