hot-lifeinfo

サラリーマンのふるさと納税の確定申告や年末調整のやり方は?

サラリーマンのふるさと納税の確定申告や年末調整のやり方は?

 

あっという間に年末が近づいてきました。

 

師走(師匠も走る)なんて言われてる12月はあっという間に過ぎるのでしょうから、

 

もう年末と言っても言い過ぎではないですよね。

 

年末と言えば、「年末調整」「確定申告」など税金絡みの話題が出てきますが、

 

特にサラリーマンの場合、それらは会社任せで正直めんどくさいからノータッチなんて人が多いのではないでしょうか?

 

しかし、しっかり知っておかないと損をしている場合も多く、勿体ないのです。

 

そこで、ここではサラリーマンにとっての年末調整、確定申告の意味ややり方について分かりやすく解説していきます。

 

 

Sponsored Link

 

 

サラリーマンの年末調整の意味、やり方は?

まず、年末調整から説明していきましょう。

 

年末調整を一言で言ってしまうと、

 

給与から天引されていた所得税に関して清算が終わった」

 

という事。

 

毎月の給料から所得税が引かれていますよね。

 

あれは確定額ではなく、だいたい(年収は)これくらいだろう?とおおよその額で引いているのです。

 

 

これが年末となり金額が確定したので、

 

正確な所得税額に“調整”するのが年末調整。

 

 

大抵の場合は、多めに徴収されていたりするので、年末調整で臨時ボーナスのように戻ってくる場合が多いのではないでしょうか?

 

まぁ、一度多めに支払っていただけなんですけどね。

 

そのため、サラリーマンの場合、当然会社が支給する給料額で算定するため、自己申告ではないので自分で行うと言う事はありません。

 

会社の経理部や総務部の方から年末調整票をもらえますよね。

 

また、これは会社から言われると思いますが、

 

生命保険や地震保険を申し込んでいる人や出産した人だと控除となる額があるので、所得税が安くなります。

 

 

万一、会社で言われなかったら確定申告が必要という事になります。

 

 

Sponsored Link

 

 

ふるさと納税や医療費控除などの確定申告の意味、やり方は?

 

続いて、確定申告です。

 

これは上記の年末調整のように会社が自動的にやってくれるようなものではなく、自分で行うもの。

 

自営業の方などは、年収額が確定してから所得税を払うため、確定申告は必須なのですが、

 

サラリーマンは納めるほうが会社が代行しているため、必須ではありません。

 

つまり

 

しなくてもOKなのですが、

 

行うことでお金が戻ってくるなど得をする場合があるのです。

 

 

では、サラリーマンの場合、どんなことがあると確定申告をするべきなのでしょうか?

 

まず必須なのが、20万円以下の副業収入がある人。

 

当然、年収額が変わってくるので税金額も変わるという事ですね。

 

あとは、戻ってくる場合、例えば

 

■年間10万円以上の医療費(ドラックストアで購入した薬や、

病院までの交通費が入る場合も)を支払っている場合(医療費控除)

 

■寄附を行った場合(寄附控除)

 

■住宅を購入した場合(住宅取得控除)

 

などの控除に当てはまる場合は、税金が安くなるので絶対に確定申告した方が良いですね。

 

 

また、今、話題の

 

ふるさと納税も一種の寄附なので、確定申告で税金を控除させる必要がありましたが、

 

今では簡素化されて(ふるさと納税ワンストップ特例制度)、

 

5つの自治体までのふるさと納税に関して、

 

確定申告が不要(自治体がやってくれる)ことになりました。

 

 

それでは、どうやって確定申告を行えばよいのでしょうか?

 

わざわざ管轄の税務署に行かずともインターネット上で確定申告ができる「e-Tax」と言うシステムもありますが、

 

初めは口頭で教えてもらえる管轄の税務署もしくは確定申告会場に行きましょう。

 

 

その際に、年末調整の紙と、(控除の場合は)医療費の領収書などかかった金額が分かるもの、印鑑、身分証明書を持ってとりあえず向かいます。

 

 

初めは分からないことをしっかり言えば職員さんが分かりやすく教えてくれますし、考えているより控除だけとかだと驚くほど簡単な作業なので、すぐに済みますよ。

 

 

 

住宅絡みは結構な額が帰ってくるかも!

結構めんどくさく腰が重いですが、かなりの額が戻ってくる場合があります。

 

特に住宅ローンは可能性あります!

 

私の場合は、住宅を35年ローンMAXで購入したが、すぐに転勤。。

 

なんのために家を買ったのか。。

 

嘆いていても仕方ないので、貸し出すことに!

 

貸し出すことで、家賃収入が発生するので、むしろもっと税金払わなければいけないのでは?

 

ってなりそうですが、実際計算すると大赤字になっていることが多いです。

 

一番大きいのはその物件の減価償却費です。

(これは別に出ていく金ではないですが支出の方の計算に使えます)

 

これがかなり大きいので、マイナスになります。

 

なので、毎年10万円程度税金返してもらう事が出来ました。

 

最初はなかなか取っつきにくいですが、e-Taxを使えば、

 

次の年からは、前年のデータを修正していくような形になりますので楽に行えます!

またe-Taxであれば還付金がいくら帰ってくるの自宅でお手軽に確認できます!

 

 

以下国税庁のページから

 

e-Tax

国税庁確定申告特集

 

詳細確認できます。

 

計算だけでもやってみる価値はあると思います!

 

 

 

こちらもどうぞ!できるサラリーマンにおすすめの特集

 

 

 

 

まとめ

今回は『サラリーマンのふるさと納税の確定申告や年末調整のやり方は?』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■サラリーマンの年末調整の意味、やり方は?

⇒天引きされていた所得税を正しい金額に「調整」するもの!

 

■ふるさと納税や医療費控除などの確定申告の意味、やり方は?

⇒申告することでお金が戻ってくることも!

 

 

サラリーマンは基本的に会社が行ってくれるので、確定申告はあまり馴染みはないかもしれません。

 

今年はたくさん医療費がかかってしまった!

 

お家を買った!

 

ふるさと納税のワンストップ申請をするのを忘れてしまった!

 

なんて方は確定申告した方がお得かもしれませんよ。

 

該当する方は税務署に相談してみては?

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ