hot-lifeinfo

卵の黄身と白身の分け方!失敗しない簡単裏ワザやり方動画の実践感想!

卵を黄身と白身に分ける作業って地味にめんどくさいですよね。。

そこで、なにかいい方法ないか、調べていたところ、ありました!

失敗しない簡単裏ワザやり方動画を発見しちゃいました。

ズバリ、簡単すぎて驚き!

もっと早く知っておきたかった。。

今回は、この動画を実践してみ感想を書きます。

 

Sponsored Link

 

卵の黄身と白身の分け方!

生卵の黄身だけを取り出す方法!

スイーツを作る事が多いと、卵の白身と黄身を分ける作業が出てきますよね。

私もそうですが、普通はシンプルに殻を割って白身を落としながら、黄身だけを残す方法をしていると思います。

でも、この方法だと黄身が殻の尖った部分とかに、たまに当たると割れてしまったりしますよね。

せっかくの白身も台無しになって、やり直しとかでイライラを経験した人も少なくないと思います。

そんなイライラを解消できないかとネットで検索していたら、スッキリできそうな動画を発見したので、紹介したいと思います。

 

 

 

卵の黄身と白身の分け方!失敗しない簡単裏ワザやり方動画①

 

卵をまず皿に割ります。

そして空のペットボトルの真ん中を少し抑えて、口の部分を黄身の所に持っていき抑えていた部分を戻すと、黄身だけがペットボトルの中に入っていきます。

たったこれだけの作業!!!

ペットボトルは、持ちやすい500mlがベストですが、無ければ2Lでも350mlでも大丈夫です。

まさかこんなに簡単にできるとは!おどろき!

 

 

卵の黄身と白身の分け方!失敗しない簡単裏ワザやり方動画②

 

深めの皿に卵を割り、おたまですくいます。

ですが、ただすくうだけだと白身も付いてくるので、上から優しく抑えながらすくうというよりか、押していきます。

すると黄身が自ら顔を出すようにして勝手におたまに入ってくるのです。

多少慣れが必要。

 

 

裏ワザやり方動画の実践感想!

最初に紹介したペットボトルの方法はすごく画期的だと思いました。

この方法を考えた人には頭が上がりません。

そして何より手が汚れませんね。

そしてなにより黄身が割れる心配もないですし、何個もしたくなっちゃいますね。

おたまの方法も中々いい発想だと思いました。

私の自宅におたまがステンレスタイプの物とシリコンタイプの物があったので両方試してみると、シリコンタイプの物の方がスルッと入ってきた感じがします。

ペットボトルがない時は、おたまの方法ですると思います。

私がこれらの方法をもう少し早く知っておけば、黄身が割れて白身が多めの卵焼きになった黄身たちが20個ぐらいは助かっただろうなと動画を見ながら考えていました。。。

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は卵の黄身と白身の簡単な分け方の動画を試してみた感想についてお届けしました。

 

まとめます。

■卵の黄身と白身の分け方!
⇒裏ワザを知らないと、けっこう手間。。

■卵の黄身と白身の分け方!失敗しない簡単裏ワザやり方動画①
⇒超簡単!

■卵の黄身と白身の分け方!失敗しない簡単裏ワザやり方動画②
⇒多少慣れが必要ですが、慣れると超便利!

■裏ワザやり方動画の実践感想!
⇒どっちも便利ですが、ペットボトルが簡単すぎる!

 

☆★こちもどうぞ★☆

関連記事:ゆで卵からむき動画!失敗しない簡単裏ワザ!タッパーで殻がきれいにむける?

関連記事:ピーマンの切り方★へたと種の簡単な取り方の動画!やってみた感想!

関連記事:納豆フィルムはどう外す?正しい剥がし方とは!はがし方動画の実践感想

いろいろ裏ワザを試した関連記事です。

 

動画を見て実践した私の感想では、おたまよりかはペットボトルの方が、やりやすいと思いました。

おたまの場合、子供たちにさせると力加減が分からず黄身を潰す事もあるので、ペットボトルだと吸う事しかしないので断然ペットボトルがしやすいかなと思いました。

またペットボトルだと、皿ひとつで洗い物が済みますが、おたまだと皿とおたまの2つ洗い物が増えるので総合的にもペットボトルがいいですね。

そして神経をあまり使わなくて済む方法がペットボトルなので、今後ペットボトルが自宅にある場合はペットボトルの方法ですると思います。

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ