hot-lifeinfo

台風3号2017の大きさと近畿地方への影響はいつ?大阪の学校は休み?

台風3号2017が近づいています。

予想進路がかなりヤバそうで、非常に気になります。

今回は、この台風3号の大きさと近畿への影響はいつなのか?

大阪の学校は休みとかになるのか等についてお届けします。

 

Sponsored Link

 

 

台風3号2017の大きさは?

台風3号、NANMADOL(ナンマドル)の大きさは以下です。

中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は25m/s。

この数字みてもよくわからないですが、それなりの台風ですので、大雨や暴風雨に警戒が必要です。

 

 

大きさも心配ですが、進路がかなりヤバいです。

予想図を見ていると、日本列島をもろに横断していきそうな雰囲気です。

 

 

近畿地方への影響はいつ?

各地への影響がいつになるのか気になりますね。

近畿地方に注目して確認しましたところ。

4日の朝に九州北部にかなり接近しますので、近畿への接近は4日の昼頃になりそうです。

いろんな被害、交通の乱れ等、心配されます。

進路がとにかくヤバいですね。

今後の台風3号情報から目が離せません。

 

Sponsored Link

 

 

台風3号2017の影響で大阪の学校は休み?

学生であれば、一番、身近に気になるのは、学校が休みになるのかどうかですね。近畿地方へも、もろ接近しますので、大阪の学校にも影響がありそうです。

近畿への接近が4日の昼頃になりそうなので、休みというより登校後に影響が出そうですね。

このパターンは、早帰りになるかどうか?という流れかも。

でも、むしろ、下手に早帰りするより、通り過ぎるのを待つため、平常どおり!というパターンも考えられます。

 

大阪の警報の基準については、こちらの記事をご参考。

大雨警報の大阪の基準は何ミリ?小学校が休みになるのは大雨洪水警報?

 

いざ、そのタイミングにならないと、どうなるか分からないですが、学校休みになるはず!と全力で祈って、休みにならなかったら、メンタル的にショックですよね。。

 

 

 

まとめ

今回は、台風3号2017の大きさと近畿地方への影響はいつになるのか?大阪の学校は休みになるのか等についてお届けしました。

まとめます。

■台風3号2017の大きさは?
⇒中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は25m/s。

■近畿地方への影響はいつ?
⇒4日の昼頃

■台風3号2017の影響で大阪の学校は休み?
⇒可能性はある。

学生のころは、台風が来ると学校休みにならないかなーーという事ばかり考えていました。しかし、変に期待して、中途半端に休みにならなかったら、非常に憂鬱になっちゃいますね。

でも、よく考えると、学校が休みにならないレベルでよかったという事です。被害が出なくてよかったと思えるようなメンタルを持てるようになりましょう!

目先の学校休みよりも、被害がないことに幸せを感じましょう。

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ