hot-lifeinfo

スカイリム☆吸血鬼の王のメリットやデメリット!特別なスキルって?

スカイリム☆吸血鬼の王のメリットやデメリット!

 

特別なスキルって?

 

この辺とっても気になりますよね。

 

今回はスカイリム☆吸血鬼の王のメリットやデメリットについてお届けします。

 

 

Sponsored Link

 

 

スカイリム☆吸血鬼の王って?デメリットしかない?

 

「吸血鬼の王っていいことないよね?」

 

「吸血鬼の王なんてやめて、すぐに人間に戻った方がいい!」

 

自分の友人Aはこんなことしか言わない(#^ω^)ピキピキ

 

ちょっと待ってくれ、

 

スカイリムをプレイして

 

「吸血鬼の王」になったことがない人

 

すぐに人間に戻ったプレイヤーがいるとするならば、

 

勿体ない!

 

何度でも言いましょう。

 

勿体ない!!

 

プレイ時間の半分以上を

 

「吸血鬼の王」として過ごしてきた自分が

 

見てきたメリット、デメリットを語らせてくれ。

 

 

 

スカイリム☆吸血鬼王の力を手に入れるには

 

まず、吸血鬼の王とはDLCの第一弾である

 

「ドーンガード」の吸血鬼ルートをプレイすることで

 

変身できるようになる。

 

ちなみに、別のクエストによって

 

人間状態に戻ることは可能です。

 

似た存在に「人狼」というのが出てきますが

 

こちらに変身できるようにすると

 

「吸血鬼の王」としての力は上書きされます。

 

 

 

スカイリム☆吸血鬼王のメリット

 

病気にならない

スカイリムの世界では

 

毒などの状態異常は疫病としてプレイヤーを苦しめる。

 

しかし吸血鬼の王になれば

 

100%疫病耐性(人間状態でも)となるため病気知らずなのだ。

 

王は風邪ひかない!!

 

この効果は、冒険するうえでとても頼もしい。

 

状態異常にかからなくなるのだから

 

面倒な敵にもごり押しがきく。

 

回復アイテムの節約にもなりますし(^^;)

 

特別なスキルが使える

吸血鬼の王に変身しているときのみ

 

特別なスキルを使うことが出来る。

 

種類はそれほど多くないですが、

 

どれも面白い効果のものばかりです。

 

自分のお気に入りは、

 

神速の反応」というスキルです。

 

効果はいたってシンプル、

 

敵の動きが遅くなり自分の動きが速くなる

 

加速装置!!

 

クロックアップ!!

 

タイムアルター!!

 

ただし、壁ドンされても自己責任で(;^ω^)

 

 

Sponsored Link

 

 

スカイリム☆吸血鬼王のデメリット

 

日光に弱い

吸血鬼の王とはいえ、

 

吸血鬼に変わりはないので、日光には弱い

 

昼間は体力、魔力、

 

スタミナが通常時よりもダウンしてしまう。

 

徐々に吸血鬼化が進行すると回復してくれなくなる。

 

昼夜逆転の生活を強いられているんだ!!

 

炎に弱い

炎系の魔法やドラゴンのブレスに弱くなる

 

具体的には炎耐性−100%となるため

 

普段は大したことない

 

その辺のはぐれ魔法使いでさえ

 

ボスキャラと化してしまう(;・∀・)ハッ?

 

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!


スカイリム攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

 

まとめ

スカイリム☆吸血鬼の王って?デメリットしかない?

⇒そんなことはありません。

 

スカイリム☆吸血鬼王の力を手に入れるには

⇒「ドーンガード」の吸血鬼ルートをプレイすると変身できる

 

スカイリム☆吸血鬼王のメリット

⇒病気にならなかったり特別なスキルが使える

 

スカイリム☆吸血鬼王のデメリット

⇒日光や炎に弱い

 

こちらもどうぞ!スカイリムをとことん楽しむためのハードはコレ!

 

一見デメリットの方がキツイように思えるが、

 

自分は「吸血鬼の王」が気に入っていて、

 

最初の方にも言いましたが、

 

プレイ時間の半分以上はこの状態でいる。

 

一通りゲームをプレイした人達にはぜひオススメしたい。

 

もちろん、途中で人間に戻ったあなたは

 

もう一度王の力を使ってはみませんか?

 

昼夜逆転生活などある意味自然と縛りプレイになるかも。

 

それまでのプレイから一味違った楽しみ方を

 

見つけることができるかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ