hot-lifeinfo

スカイリムの登場人物「デルフィン」について解説!

スカイリムの登場人物「デルフィン」とは!

 

この辺とっても気になりますよね。

 

今回は、スカイリムの登場人物「デルフィン」について解説します。

 

スカイリムの登場人物☆デルフィンとは?


スカイリムに登場するデルフィンとは、

 

リバーウッドにある宿屋スリーピングジャイアントの女主人です。

 

ワーグナーという男性と共に宿屋を経営しており、

 

時折蜂蜜酒を腐らせるワーグナーのがさつさに困っています。

 

というのは表の顔で、正体はドラゴンボーンに仕える

 

シロディール帝国の皇帝の親衛隊「ブレイズ」の生き残りです。

 

デルフィンはアルドメリ自治領が帝国に宣戦布告を行うために

 

ブレイズ100人の首を送り付けた事件から生き残り、

 

アルドメリ自治領を倒すためにスカイリムで潜伏していました。

 

潜伏している間もアルドメリ自治領への情報収集と妨害工作を怠らずに行い、

 

アルドメリ自治領では見つけ次第即刻殺せ!と指名手配されています

 

今作のスカイリムでは主人公がドラゴンボーンなので、

 

メインクエストで主人公に協力しています。

 

また、ブレイズは皇帝の親衛隊だった過去がありますが

 

これは帝国の皇帝がアカトシュの祝福を受けたドラゴンボーンだったからです。

 

その帝国も前作のオブリビオンで帝国の血筋

 

つまりドラゴンボーンの血筋が途絶えたことで弱体化し、

 

アルドメリ自治領に攻め込まれました。

 

スカイリムの登場人物☆メインクエストでのデルフィン

 

スカイリムのストーリーのメインクエストでデルフィンが登場します。

 

デルフィンはメインクエスト「ブリークフォール墓地」から登場しています。

 

ブリークフォール墓地からドラゴンストーンを持って帰ると、

 

ファレンガーと会話をしているフードの女性が出現します。

 

これがデルフィンです。

 

ちなみに、ドラゴンストーンを持ったまま

 

ファレンガーに話しかけクエストを発生させ、

 

発生させた直後にドラゴンストーンを渡すと

 

デルフィンが出現しないままクエスト「ブリークフォール墓地」が終了します。

 

クエスト「ブリークフォール墓地」で姿をチラ見せしたデルフィンは、

 

次にグレイビアードが主人公に取って来いと命じた角笛を盗み、

 

主人公とスリーピングジャイアントで接触します。

 

ここで、自身がブレイズであることを主人公に明かします。

 

ブレイズであることを明かしたデルフィンは、

 

サルモール大使館に主人公を潜入させアルドメリ自治領が

 

ドラゴンの復活にどれくらい関わっているのか情報を盗み出させます。

 

その後はアルドメリ自治領が掴んでいた

 

ブレイズの生き残り「エズバーン」を主人公に救出させ、

 

スカイ・ヘブン聖堂という遺跡にエズバーンと共に移り住み

 

ブレイズを再建するために奔走します。

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!


スカイリム攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

まとめ

今回は『スカイリムの登場人物「デルフィン」について解説!』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■スカイリムの登場人物☆デルフィンとは?

⇒リバーウッドにある宿屋スリーピングジャイアントの女主人です。

 

■スカイリムの登場人物☆メインクエストでのデルフィン

⇒デルフィンはメインクエスト「ブリークフォール墓地」から登場します。

 

 

こちらもどうぞ!スカイリムをとことん楽しむためのハードはコレ!

 

スカイリムに必要なパソコンスペックは?PS4やスイッチ版との違いは

 

 

デルフィンは宿屋「スリーピングジャイアント」の

 

女主人に偽装していた、ブレイズの生き残りです。

 

長期間アルドメリ自治領と単独で戦ってきたため、

 

アルドメリ自治領では要注意人物としてマークされています。

 

エズバーンと共にスカイ・ヘブン聖堂に移り住む時には、

 

スリーピングジャイアントをワーグナーに譲り渡しました。

 

ちなみに、上から目線の発言が多いので

 

スカイリムのプレイヤーの中では嫌いな人間が多いです。

 

以上でデルフィンの解説を終わります。

 

 

 

 

 

  ↑  ↑  ↑

スカイリムの醍醐味はMOD!

このMODをとことん楽しむには、

やはりPC一択!

ハイスペックなPCでスカイリムをとことん楽しんじゃおう!






Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ