hot-lifeinfo

スカイリムの登場人物「アンカノ」について解説!

スカイリムの登場人物「アンカノ」とは

 

この辺とっても気になりますよね。

 

スカイリムの登場人物「アンカノ」について解説!

 

 

スカイリムの登場人物☆アンカノとは?

 

アンカノとはウィンターホールドにある

 

魔術大学に顧問役として在籍しているハイエルフの男性です。

 

アンカノを一言で表すなら

 

小物になったハリーポッターのスネイプ先生」です。

 

アンカノは魔術大学に顧問として在籍していますが、

 

大学の生徒たちに魔術を教えたり教員の補助をしている訳ではありません。

 

アンカノは顧問としてウィンターホールドの魔術大学に潜り込んだ、

 

サルモールのスパイなのです。

 

まぁ、小物になったスネイプ先生と表現したように大したことはありません。

 

スパイであるのなら、目立たないことが大切なのに

 

大学の生徒や教員を見下すような発言を度々行い、

 

この大学で学ぶことは何もない(この大学レベル低い)」と

 

注目と敵意を集める発言をゲーム中で繰り返し行います。

 

サルモールという時点で悪いイメージを想像しますが、

 

実際に会ってみるとまさしく「サルモールっぽい」人物です。

 

スカイリムの登場人物☆アンカノの活躍

 

アンカノは大学のメインクエストに登場します。

 

主人公に接触してきたサイジック会の情報を

 

主人公から聞き出すために接近してきたり、

 

サイジック会のことを知ったスカイリムの主人公を暗殺しよう

 

サルモールから暗殺者を呼び寄せようとしたり、嫌味を言ったりします。

 

また、大学のメインクエストの終盤では大学クエストのラスボスとして

 

主人公の前に立ちふさがります。

 

ただ、マグナスの目と呼ばれる魔法の遺物に意識をのっとられているので、

 

なんというかカッコ悪いです。

 

スカイリムの登場人物☆普段のアンカノ

 

アンカノは高圧的な態度と自分がハイエルフであり

 

魔術に精通していることを鼻にかけた、悪党らしい小悪党です。

 

まさしく、小物になったスネイプ先生です。

 

そんな態度のせいで、大学内での友人関係はまったくありません。

 

また、ゲームシステム的にも友好的NPCは設定されておらず、

 

アンカノを攻撃しても大学内のNPCは全員知らん顔です。

 

学長であるサボス・アレンや他の教員からも、

 

サルモールからの客人だから無下にできないけど、相手にしたくない

 

という感じで扱われています。

 

腫れ物というか、臭い物に蓋をするといった感じですね。

 

おまけに、大学クエストにおいてもサルモールの構成員なのだから

 

情報をサルモール経由で集めればいいのに、

 

直接主人公に話を聞きにやってきたり、

 

マグナスの目という未知の産物があるのに

 

サルモールの応援を要請するわけでもなく、

 

お前は本当にサルモールの一員なのかと疑ってしまいます

 

 

スカイリム特集!攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!


スカイリムの攻略☆裏技のやり方や豆知識のまとめ!

 

 

まとめ

今回は『スカイリムの登場人物「アンカノ」について解説!』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■スカイリムの登場人物☆アンカノとは?

⇒魔術大学に顧問役として在籍しているハイエルフの男性

 

■スカイリムの登場人物☆アンカノの活躍

⇒大学クエストのラスボスとして主人公の前に立ちふさがります。

 

■スカイリムの登場人物☆普段のアンカノ

⇒魔術に精通していることを鼻にかけた、悪党らしい小悪党

 

こちらもどうぞ!スカイリムをとことん楽しむためのハードはコレ!

 

アンカノはウィンターホールドの魔術大学にやって来たサルモールの一員です。

 

顧問役として大学に在籍していますが、高圧的な態度と言動により孤立しています。

 

いわば、小物になったスネイプ先生です。

 

また、大学クエストのラスボスとして主人公の前に立ちふさがりますが、

 

暴走した状態で「何かが」勝手にアンカノを使って

 

「何か」をして主人公に殺されます。

 

以上でアンカノの解説を終わります。

 

 

 

 

 

  ↑  ↑  ↑

スカイリムの醍醐味はMOD!

このMODをとことん楽しむには、

やはりPC一択!

ハイスペックなPCでスカイリムをとことん楽しんじゃおう!






Sponsored Link
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ