hot-lifeinfo

真田丸43話あらすじ感想!茶々の余計なちゃちゃで大どんでん返し!

真田丸43話見ごたえあった!

家康との決戦の前に大阪城内のゴタゴタに

真田幸村巻き込まれてる状態。

 

Sponsored Link

 

真田丸43話 あらすじ感想 片桐あやしい

真田幸村の兄、信之 息子たちを大坂城へ出陣させてるが、

幸村に気を使ってる模様。

 

そんな中、なぜか片桐が徳川の家臣として出てきた。

どういうこと?

幸村に泣きついて大坂城入城を頼んでいたのにーーー

 

家康、片桐を試すように大坂の兵糧情報を聞き出す。

無理に答えなくてもいいよという感じで。

 

片桐しばし、沈黙したが、サクッと回答。

もって半年!

片桐、何考えてるーーー

戦国時代恐るべし。

 

真田丸43話 あらすじ感想 軍議開始!

幸村、軍議に向けていい作戦提案予定と茶々に話す。

茶々は籠城、しかし幸村は打って出る魂胆。

茶々は秀頼を一番心配している。

だから籠城にこだわりそう。

 

茶々の取り巻きが胡散臭い。

幸村達を持ち上げて利用するモード全開!

この辺が最後までまとまりつか無さそうーーー

 

軍議開始!

後藤又兵衛(哀川翔)相変わらず鼻息荒い。

籠城の提案に対し大坂城五人衆のうち4人は承知。

しかし幸村だけ不承知。

打って出るを提案!

 

籠城派が押し通そうとしたので幸村、へそ曲げたふり(作戦)して

九度山に帰るをアピール!

 

秀頼が幸村の策をもっと聞きたいとのことで軍議にもどって

ほしいと呼び戻される!

 

へそ曲げ作戦成功!

打って出る作戦を説明。

 

しかし、それでも籠城が有利なオーラ。

そこへ毛利勝永(イケメン岡本健一)が幸村に賛成!

これは意外な展開。

 

決着つかないのでいったん休憩。

 

真田丸43話 感想 大坂城五人衆それぞれの考え

毛利勝永(イケメン岡本健一)は幸村に恩を売る為、その作戦に乗ったとのこと!

家康の首をとる役目は俺にやらせろ!となかなか鼻息荒い!

 

他3人は

後藤又兵衛(哀川翔)   ⇒ 幸村の意見に従いたくない。

明石全登(小林顕作)   ⇒ キリシタンの普及が狙い

長宗我部盛親(阿南健司) ⇒ 長曾我部の家を復活させたい

 

幸村、後藤又兵衛(哀川翔)意外を丸め込めそうな状態までもっていく!

しかし、茶々の取り巻きが胡散臭い。

幸村に作戦に納得しない。後藤又兵衛(哀川翔)そうだそうだ状態。

 

それでも幸村なんとか説得!

後藤又兵衛(哀川翔)が最後まで粘るーーーめんどくさい。

 

死にたがってるやつに用はないと後藤又兵衛(哀川翔)に言い放つ!

後藤又兵衛(哀川翔)は鼻っから勝てると思っていない。

死に場所を探していたようだ。

 

幸村は負ける気がしないと力説!

死にたければ徳川につけ!

後藤又兵衛(哀川翔)が笑いながら納得。

ええ感じの流れ。さすが幸村。

 

真田丸43話 感想 大野治長 意外な見せ場

大坂城五人衆がまとまった!

そこへえええ!

というまさかの展開

織田有楽斎(井上順)が籠城以外ない!

????

いい流れが逆噴射。

しかし、大野 治長 (今井 朋彦)が織田有楽斎(井上順)を蹴散らす!

これまた意外だった!

この二人グルかと思っていたんだがーーー

 

最終的に秀頼の決断しかない!

秀頼の決断は籠城ではなく打って出ると決断!男前

かっこいい!

織田有楽斎(井上順)が胡散臭いが

大坂城五人衆の結束がええ感じになった!

 

Sponsored Link

 

真田丸 43話 感想 秀頼、茶々に報告。大どんでん返し!

豊臣秀頼(イケメン中川大志)が茶々に籠城しない!

打って出るを報告したがーーー

それはならん!籠城しかないって。。。

お上の一言で大どんでん返し。

茶々が秀頼のことを心配しすぎるためかな。

 

 

感想 まとめ

せっかく大坂城五人衆がええ感じにまとまったのに。

茶々の一言でどんでん返し。

これが運命の分かれ道になってしまうのかな。

もったいない。

 

幸村、せっかくめんどくさい後藤又兵衛(哀川翔)まで丸め込んだのに!!!

したかなくプラン変更ーーー難儀。

茶々が一番ややこしい。

 

 

関連記事

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ