hot-lifeinfo

真田丸40話ネタバレ感想!片桐ボロボロ(豊臣秀頼:中川大志の重臣)

真田丸40話感想!

ズバリ豊臣家重臣、片桐且元かわいそう。

有名な鐘の難癖問題でしたね。

 

Sponsored Link

 

40話ネタバレあらすじ片桐ボロボロ

国家安康  君臣豊楽 の鐘の言いがかりの話でした。

真田信繁がのんびり生活している間に、世の中は大きく

動き出していました。

さりげなく、実質徳川の天下状態、でもイケメン中川大志の豊臣秀頼がいる!

 

豊臣秀頼が家康のすすめで方広寺大仏を再建した際,

鋳造した鐘の銘文中「国家安康」の字句が,

家康の名を分割し身を切断することを意味すると

言いがかり!

 

これを皮切りに大阪の陣へと雪崩れ込む雰囲気!

この言いがかりのゴタゴタを片桐且元が責任をおわされて

超かわいそうな状態。

 

その片桐且元が真田信繁に大阪城に入って徳川を向かい打ってくれと

泣きついてきた。

しかし、真田信繁に断られる。

片桐且元ボロボロかわいそすぎ。

 

Sponsored Link

 

真田信繁どうする?

真田信繁は一旦断った。

でも、真田昌幸の血がーーー

 

石田三成らと豊臣を支えてきたことが走馬灯のように

頭を駆け巡り、ついに決意!

猛省、真田幸村の誕生!

これでいよいよ大阪の陣!

まさに大詰め。

 

まとめ

40話あらすじ   ⇒ 片桐(豊臣重臣)ボロボロ

真田信繁どうする? ⇒ いったん断ったが大阪入り決意!幸村に改名!

 

いよいよって感じですね!

今回は片桐且元があまりにも、ボロボロでかわいそう過ぎました。

徳川の狸ぶり本領発揮してきましたね。

 

いよいよ話は大阪の陣へ突入。

猛省、真田幸村の活躍、楽しみ!

さらに、中川大志の豊臣秀頼の活躍も!

最終回まで目が離せません。

 

関連記事

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ