hot-lifeinfo

真田丸最終回ネタバレあらすじ感想さらば幸村!悲しいけどありがとう!

真田丸最終回あらすじ感想です!

遂にこの日が来てしまいました。
つまり真田丸最終回です。。
週末の楽しみがなくなる悲しすぎる。
でも、真田幸村の生きざま見届けるべく、
最終回全力で見た感想です!

 

Sponsored Link

真田丸最終回あらすじ感想!

 

夏の陣は大坂城を出て野戦という作戦!
しかし、後藤又兵衛、哀川翔が討ち死に。
長曾我部も行方不明。
大坂五人衆は幸村とイケメン毛利勝永(岡本健一)とオフロスキー!
どう戦うのか。

幸村と佐助は料理屋の親父をスパイ容疑で追い詰める。
この親父は豊臣秀吉に恨みがあったようだ。
その恨みをはらすべく、スパイ活動をしていたようだ。
幸村は事情は分かったがと斬ろうとしたが、親父が自害。切ない。

 

いよいよ出陣!六文銭を握りしめる幸村

大坂城で軍議!
最後は秀頼も出陣で一気に畳みかける作戦!
みんな鼻息荒い。なんとしても徳川家康と仕留めてほしい!

茶々は不安で精神的に不安定。幸村は必死になだめながら相談、
家康の首取ってくるから、その先の豊臣と徳川の折り合いを宜しく!と。。
幸村な当然勝って帰ってくるとは言いながら、死ぬ気。
なので万が一の時に和睦の案と
望みを捨てなかったのみ道は開ける!
と言い残して六文銭を握りしめ出陣!

甲冑姿がかっこよすぎる!!!

 

5月7日早朝戦闘開始!

幸村と大助、そしてイケメン毛利勝永(岡本健一)とオフロスキー
それぞれ陣につく!!!緊張する。。
秀頼も出陣準備OK!イケメンすぎる!!!

一方きりは茶々の相手。きりの働きは、非常にありがたい。
家康軍は先手撃たず、待ち構えるながら、幸村が寝返ったという噂を
流す作戦。古だぬきの知恵。。

 

イケメン毛利勝永(岡本健一)が破竹の勢い!

 

 

敵は30万だが、素人と大名同士の連携も悪い!
だから、この戦勝てるとイケメン毛利勝永(岡本健一)と鼻息荒い!
そんな中、午前10時過ぎ、毛利の陣に鉄砲がいちこまれた。

遂に始まった。
大坂城ではお局が秀頼を引き留めている。。。最後まで邪魔。。。
秀頼、振り払っていってくれ!
毛利は大活躍!目の前の徳川勢を蹴散らす!
その勢いで徳川本陣へ突っ込む!
その前に、徳川側の真田勢がいる。しかし毛利隊は壮絶な勢いで突破!

イケメン毛利勝永(岡本健一)最高!

 

 

大助頑張れ!いよいよ幸村、家康の本陣へ

幸村は大助に秀頼読んで来いと指示!
大助は父のそばにいたいというが、幸村寝返りの噂を断ち切るには、
これしかないという事で、大坂城へ向かわせた。
一方大坂城では、幸村寝返りの噂が充満している。。。

徳川側の真田弟鼻息荒すぎて難儀。。クールダウン必要。
そこへ幸村参上。
三十郎、鼻息荒い弟守るべき、幸村に突撃。
幸村サクッと、蹴散らし、家康の本陣へ突撃!熱い。

家康本陣は大混乱しながら、幸村勢を迎え撃つ。
壮絶なバトル。幸村、家康をかなり追い詰める。
大野弟も頑張る秀忠の陣に攻め込む!

豊臣勢大健闘!もしかして!!!
家康も腹を切ると言い出した。
ここで、イケメン秀頼がでてきたら一気に行けそうだ!

 

しかし。。。

しかし、大野の兄が秀頼を呼びにひょうたん(豊臣総大将の証)を持って
大坂に引き上げたことが、秀頼が大阪に引き上げたと
戦場の味方に勘違いさせたようだ。
さらに大坂城で、火事。

この雰囲気をみて徳川家康が行けると沸き立ち陣を立て直す。
風向きが変わったと秀忠も攻撃開始。
秀頼が来れば、行けるのに、またお局が止めてる。。。
お局いいかげんにしてくれ!!

ひょうたんを持ち帰ったのが、悲惨な状態を招いている。。。
真田勢、毛利勢もやばい展開
大野兄ボケ。ひょうたん置いとけ!!!
オフロスキーも撤退。。。

一気に形勢逆転。。

 

幸村苦戦。

苦戦の幸村。大坂ではまだ、秀頼を止めてる。
茶々まで止めに来た。
勝てなくてもいい、生き延びよ!って。
秀頼は武士として死にたい。つらい状況。

千姫をきりが迎えに行く。大坂城のすべてがかかっていると。
大坂城内にも徳川勢が、幸村に近い人間も辻々と討ち死に。。。悲しすぎる。

大助は秀頼のそばに。。。

 

幸村の最期

幸村は苦戦のなか野戦で大暴れ中。
一人で家康陣営に突っ込む!
槍をおったて銃を放った!一発目外れ。。

2発目、家康は殺したいなら殺せ!と
わしを殺しても何も変わらんぞ、徳川の世は盤石、豊臣には戻らんと説くが、
幸村そんなことは百も承知、先に死んでいった愛する者たちのために撃つ!っと
しかし、そこへ秀忠が助けにきた。。逃げ恥のひらまさとはえらい違いの形相で。。。

幸村は佐助と、たった二人で最後は刀で戦う。。。
上杉、直江、伊達がその様子をみて、源次郎さらばって。。。
悲しすぎる。これで幸村ロスか???

おっと!!!佐助と幸村まだ生きてる!!!
お寺で休んでいる。
しかしそこへ徳川の兵。。。その兵たちを斬ったあと。。。
幸村は切腹、佐助に首切りの役を託した。。。切なすぎるシーン。
大坂城では、秀頼と茶々が切腹体制。。。
千姫は徳川へきりが送り返した。

その後シーンは幸村の兄信之と本多がのんびりしゃべっているところへ。
そこへ大坂から火急の知らせ、内容を察し本多は席を外す。。。
信之はその知らせをみて「参るぞ」でおわり。

いつものテーマ曲が最後に。。。

 

Sponsored Link

 

まとめ!悲しいけどありがとう!

最後にテーマ曲に載せて回想シーン。。。
あーーー終わってしまった。
幸村討ち死に後、大坂城炎上、茶々と秀頼も自害。
豊臣家滅亡。。。

ちなみにイケメン毛利、オフロスキー、息子大助のその後が
気になるが描かれていなかった。。
史実ではイケメン毛利は大坂城に引き上げ豊臣秀頼切腹後の首切り役。
その後自害らしい。。。切なすぎる。
オフロスキーは消息不明。
大助も気になるが。。切なすぎる。

 

悲しいが幸村の生きざま激熱!
ありがとう真田丸!

 

 

関連記事

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ