hot-lifeinfo

真田丸47話あらすじ感想!大坂城丸裸で家康の思うつぼ,しかし熱い!

真田丸47話感想です!

45話で真田丸で完全に徳川勢をブロックまさに完封勝利でしたが、

46話でカルバリン砲が大坂城直撃。

これで嫌な雰囲気になっちゃってます。

果たしてどうなることやら。。

Sponsored Link

 

真田丸47話 「反撃」感想!結局和睦

徹底抗戦か和睦かでもめていたが、

幸村の助言で茶々徹底抗戦!になっていたが

一発の大砲がーーー

これに茶々が大きく動揺。

というわけで、茶々やっぱり和睦になっちゃいました。

 

片桐相変わらず、家康にええように使われてる。

血みどろ、かわいそう。

 

幸村再度茶々を説得しようとするが、話できない状態。

やばい流れ。

大坂五人衆その他面々もめてる。

又兵衛(哀川翔)と勝永(岡本健一)と鼻息荒い!

 

和睦になると浪人たちの扱いがどうなるか?

秀頼は出来るだけいいようにしたいと言ってるが、

お局がうるさい。

さらに人質の要求あり。

 

大坂城内ゴタゴタしてきた

ゴタゴタのなか幸村が茶々に呼ばれる。

やはり、かなり大砲直撃に動揺している。

かなり弱腰。

幸村に泣きついてきた。

幸村はできるだけ、いい条件で和睦できるよう

審議中だからろなだめる。

 

幸村は茶々を大坂城から離したほうがとも思ってる模様。

5人衆もゴタゴタしてきた。

幸村難儀ーー

 

信之の修羅場

場面変わって、

幸村の兄、信之とお通とのあやしい雰囲気

のところへ、稲突撃!修羅場到来。

大坂城も修羅場だが、これも修羅場ーーー

お通は、さりげなくあしらう。

お客なので今月分よろしくって感じ!

信之なんだか複雑。

膝枕200もん!高いって。。

そんなこと言ってる場合かーーー

稲怖い。

 

家康の魂胆

相変わらず狸ぶり発揮!

和睦と見せかけて、丸裸にして総攻めという魂胆。

わざといやがる条件出してきた。

 

交渉人、誰にするかで井上順二とお局しゃしゃりでるが

幸村は、お初(はいだしょうこ)を交渉人として立てた!

相手はメギツネ(斉藤由貴)がくる、

ということでキリを付き合いとして付ける。

 

女だけの交渉となった。

どうなることやらーーー

 

・茶々は人質にしない!

・秀頼もそのままでOK!大坂離れたい場合はすきなとこいうて!

・浪人衆も処罰なし!

・その他はおいおい。

 

満額回答というところで

キリが足がつったと騒ぎ出す、これを皮切りに

初が浪人の扱いどうにかしてくれと領地を増やして頼む。

これに対して真田丸を壊しましょう!

ついでに堀も埋めようぜ!

これで浪人たちも大坂城から出ていくで!

そう致しましょ!そう致しましょ!そう致しましょ!

 

キリがまた足をつる。

それを皮切りに初が持ち帰るというが斉藤由貴に丸め込まれる。

一見大坂側にすれば満額回答に見えたが、丸裸作成!

 

それぞれの受け取り

徳川は作戦通り。

豊臣側は一見満額。

しかし、堀の話と、真田丸の話は伝わってないーーー

これはやばい。

早速、真田丸がぶち壊される。

お局のしわざーーー。

こいつほんま難儀な奴。

大坂城、丸裸。この状態で家康が条約を守る理由なしという状態。

つまり、家康の思うつぼ。

幸村絶望的!

お局のやっちまったーーー

家康は最後の仕上げの準備で大笑い!

 

五人衆もあきれた状態

幸村も万策尽きた感てんこ盛り

みんなに撤収してねで解散。。。

しかし、後藤兵衛(哀川翔)がーーー

どっちにしても行くあてない。戦う気満開!

やはり、死にたがっている。

五人衆含め浪人が幸村のところへ、

早く策を立てろ!と集まってきた。

これは、熱い。

 

そこへイケメン秀頼ひとこと。

望みを捨てぬものに道は開ける!と幸村行ったよね!

私はまだ望みを捨てていないぜ!激熱!

これで大坂一致団結!

 

Sponsored Link

 

まとめ

お局のせいで家康の思うつぼ。

つまり大坂城丸裸。

万策尽きた感あるなか、

浪人衆と幸村、秀頼一致団結!

熱い!!!

クライマックスへ突撃!

 

関連記事

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ