hot-lifeinfo

真田丸43話軍議あらすじネタバレ感想!予告動画打って出るか籠城か?

真田丸43話【軍議】どういう展開になるのか、楽しみ!

前回42話でも総大将を決めるのに軍議を行っていたが、

後藤又兵衛(哀川翔)が鼻息荒く、まとまりのないオーラ。

家康の言う通り、浪人寄せ集めじゃ統率とれん!状態

この暑苦しい浪人の統率を幸村はどうとっていくのか見ものです。

 

真田丸43話【軍議】予告動画

予告動画はこちら

http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/story/story43.html

 

43話ではタイトルのとおり、徳川家康を迎え撃つべく、

本格的な軍議が行われそうです!

予告みていると、またまた後藤又兵衛(哀川翔)がめんどくさいオーラを

放ってますーーー

さらに茶々(竹内結子)も、なんだかややこしいモードになってる。

幸村は打って出るべきに対し、茶々は籠城!

 

42話では、茶々の相談役 織田有楽斎(井上順)は眉唾オーラ

大野治長(今井明彦)は一旦預かるばかりだったんで、

幸村の思うようには、なかなか事が進みそうにない。

 

真田丸43話でも後藤又兵衛(哀川翔)は残念キャラ?

最終章、大坂城のシーンになってから、後藤又兵衛(哀川翔)の鼻息荒い、

扱いにくく、めんどくさい残念なオーラを出しまくっているが、

これは敢えてそうしているように推測する。

 

散々残念なキャラをアピールしながら、最後は幸村の盟友となって、

壮絶な戦いぶりをみせるという作戦。

難儀な奴だったけどーーー

というギャップを作ろとしているのでは、と勝手に想像!

 

まとめ

真田丸43話【軍議】予告動画

⇒ 浪人に加え、茶々もややこしい。

 

真田丸43話でも後藤又兵衛(哀川翔)は残念キャラ?

⇒ ギャップを見せるべくあえて残念なキャラアピール。

 

年末最終回の大詰め大坂の陣に向けての前ふりを

今やっているように思う。

 

関連記事

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ