hot-lifeinfo

PSVR感想!高画質と音のリンクがやばい!映画とソフトが普及のカギ

PSVRについて

2016年は「VR元年」と言われている年です。

SONYがヘッドマウントディスプレイを発売して、完売の嵐だったのが数年前。

当時はまだ、映像機器と有線でしか繋げることができなく、行動範囲が限られていましたが、

今やそのSONYヘッドマウントディスプレイもワイヤレス化され、

またGoogleやSamsungがスマホに装着する対応の超低価格の

VRヘッドマウントディスプレイを発売するなど、多種多彩になってきていますが、

そのVR元年のトリを飾るのが、PSVRというわけでしょう。

 

Sponsored Link

 

PSVRのOLED高画質映像と音とのリンクが凄い

vr

かなりの低価格なので、スマホに装着するタイプで、

VR体験をした人は多いかもしれませんが、あれをVRと思っていたら、

PSVRを体験したら腰が砕けるほどの衝撃を得られるレベルではないでしょうか。

 

さすが、前述したSONYのヘッドマウントディスプレイの技術を併せ持ちながら、

ゲームに特化したモデルだけあって、やはりゲーム好きには最高の1台となるでしょう。

なんと言っても、有機ELの高画質映像と音とのリンクが凄い!

例えば、本体と同時に発売された鷲の視点で、空を飛べる「イーグルフライト」では、

人間の長年の夢である空を飛んでいるような気分に浸れます

思うに、この臨場感は、視覚もそうですが、聴覚の影響が大きいように思えます。

 

PSVRはゲーム業界にとっては、分岐点となるマシン

まさにゲーム業界にとっては、分岐点となるようなマシンと言えると思います。

その証拠に、そもそもPS4を持っていないと使えないものなのに、

44980円もするものなのに、発売当日は長蛇の行列。

今も、ヤフオクなどのネットオークションでは高値で売買されている、

これが期待の表れだと思います。

 

ここのところ、無料でできるスマホゲームに押され、元気がなかった固定ゲームですが、

起爆剤となるか楽しみです。

あと、ワイドナショーでダウンタウンの松本人志さんが、これだけハイテクなマシンなのに、

買う時は行列を作ると言うアナログなんて発言をしていましたが、さすが松本さん、

センスの良い言葉を吐きますね。

 

Sponsored Link

 

PSVR普及の一番のカギを握るのは、サードパーティー

ここまでだと、PSVR手放しで評価していて、今後固定ゲームの主流を作るのかと言えば、

正直疑問視が残ります。

やはり、一番のカギを握るのは、サードパーティーでどこのメーカーが参入するのか。

 

例えば、コナミの「ウイイレ」が、

VR仕様になってボールが飛んでくるいようなビジュアルを体験できるなど、

ポイントはスポーツゲームのように思えます。

今のところ、発売されたゲームの種類が、

アメリカ人が好きそうなアクション系ばかりなのも気になるところ。

 

VRを最大限に活かせるのはやはりアクションですが、この分野ばかりにこだわると、

特に日本では狭い層でしか受け入れられないように思えます。

 

まとめ

あと、よく勘違いしやすい点ですが、PSVRはゲーム以外でも楽しめます。

PS4にDVDやブルーレイをセットすれば、大画面で映画などを観ることも可能。

ゆえに、これからの普及ポイントは、前述したジャンルの拡大に加えて、

例えばPSVRを付けていない人でも一緒に楽しめるような

(PSVRを付けていればより一層楽しめるような)

家族向けゲームの開発のように思えます。

 

関連記事

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ