hot-lifeinfo

お年玉はいつから渡す(何歳の子供)?甥や姪,年齢別相場っていくら

子供のお年玉っていつから(何歳)から渡すものなのか、相場とか悩む。

年を開けて悩まされるのが、お年玉ですね。

甥や姪っこにいくらあげるか悩むところ。

 

地方やその家庭にもよりますので、お金の価値観は違いがそれぞれに違いがありますが、

ごく一般的な「年齢÷2×1,000円」をガイドラインに相場を

知っておくと損はないと思います。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんにお年玉はあげる?

一般的に3歳くらいまでのお子さんには、

現金のお年玉よりも衣服やおもちゃや絵本などの物の方が一般的で好ましいでしょう。

 

未就学児の相場

3歳から5歳くらいまでの未就学児のお年玉は悩みますよね。

おもちゃや絵本を上げた場合でも喜びますし、

プラスポチ袋に500円玉を入れると喜ぶかもしれませんね。

 

小学生のお年玉

自分も小学生の頃、お年玉は楽しみではなかったでしょうか?

また、自分親世代は兄弟も多く、お年玉を多くもらった方も少なくないかと思われます。

しかし、近年少子化が進み、叔父や叔母なども少なく、

お年玉スポンサーがめっきりと減ってしまいました。

今時の子供はちょっとかわいそうですね。

 

とはいえ、もらえる相場としては、昔とそんなには変わらないでしょう。

小学生の低学年は、3千円位まで、

中学年、高学年で5千円位が平均的な小学生の相場ですね。

一番、お年玉を楽しみにしている時期でもあります。

 

中学生、高校生は

子供の年齢が上がってくると、スポンサー側もだいぶきつくなってきます。

しかし、かつては、自分ももらっていたのです。

自分の子供、甥や姪にもそれなりにお年玉をあげましょう。

 

これくらいの年に成ると、なかなか感情を表せないものですが、

現金を貰って嬉しくないわけがありません。

気持ちよく、渡してあげましょう。

 

大学生以降は

さすがに大学生以降になると、

スポンサー側ももらう方もだんだん微妙になってきます。

しかし、一定の収入がないのであれば、渡してあげた方が互いに気分がいいものです。

 

Sponsored Link

 

社会人以降

一般的には、もうお年玉は卒業してもいいでしょう。

経済的な負担はかからなくなりますが、子供が巣立っていくのは、

嬉しい反面寂しいのもあります。

 

しかし、ここまで成長したことを喜び、それまでお年玉をあげた自分に今度は、

浮いたお金で旅行するなり、とご褒美をあげてもいいんではないでしょうか?

 

 

マナーと感謝を忘れずに

自分の子供にお年玉をもらったら、感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。

叔父や叔母かお年玉をもらったら、

お礼をきちんと言える子になるようにしたいものです。

 

まとめ

44ef925eeffe52bd04ea4a125856dd20_s

・赤ちゃんにお年玉はあげる?

⇒ 3歳くらいまでは現金より物

 

・未就学児の相場

⇒ 物か500円程度

 

・小学生のお年玉

⇒ 低学年は、3千円位まで、中高学年で5千円位

 

・中学生、高校生は

⇒ 5千円~1万円ぐらい

 

・大学生以降は

⇒ 微妙、一定の収入がない場合は、渡してしてあげてもいいかな。

 

・社会人以降

⇒ 不要

 

マナーと感謝を忘れずに

⇒自分の子供にお年玉をもらったら、感謝の気持ちを忘れないように!

 

新年のことはじめのお年玉。確かに懐は痛いですが、

子供たちの成長を願い、ねぎらいを込めて、お年玉を渡してあげましょう。

子供が社会人になって自立を見届けたら、自分にお年玉が帰ってくるでしょう。

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ