hot-lifeinfo

ニンテンドークラシックミニはコントローラーも小さいの?感想レビュー

ニンテンドークラシックミニの使用感は?

11月10日に発売やすぐに、プレミアものとなり、

いまだに高値で取引されているニンテンドークラシックミニ。

 

やはり30代以上の人だったら、誰もが一度や二度、

やったことがあるゲームばかりだし、

HDMIで簡単に接続できるので、テレビがない人でも、

PCなどHDMI入力があればプレイできる手軽さは魅力です。

Sponsored Link

 

コストパフォーマンス最高!

なかでも、話題となっているのが、そのコストパフォーマンスの良さ。

ニンテンドークラシックミニの定価は5980円。

今や基本0円でスマホゲームを楽しめる世代はともかく、

ファミコン世代の人なら誰もが安いと驚愕する価格ではないでしょうか。

 

と言うのも、内蔵されているソフトには、当時の価格6000円以上と、

1本だけで定価超えをしてしまうほどで、

総額だと(本体やディスクシステム、ソフト30本分)15万円程度となり、

コストパフォーマンスが最強と言う声。

確かに、購買意欲のある層では、ファミコン以来ゲームから離れている人も多く、

そのような人にとっては、あの時のゲームが超破格の値段で楽しめるとは大きな魅力でしょう。

 

ただし、

大人気なので高値になってます。

少し前の妖怪ウォッチ状態です。

 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

 

価格が落ち着くのを待つか、高値でもすぐ買うかーーー

悩みますね。。。

 

 

コントローラーが小さくて使いづらい?

では、発売して数日、どんな感想、レビューが広がっているのでしょうか。

まず、最も多いのが「コントローラーが小さくて使いづらい」問題です。

従来の大きさより60%程度に縮小されているため、コントローラーも極小サイズ。

 

ところが、意外と使用レビューによると、すぐに慣れてしまうようで、

使いづらさは感じている人が少ないみたいです。

使いづらいレビューを書いている人は、よく見てみると、

これから買おうとしている人の心配事のようですね。

 

ただし、高橋名人の16連射を目指すレベルの

ヘビーユーザーにとっては、大きさが違うと、

最高のパホーマンスが出せない!

という拘りとかあるかもしれないですね。

 

 

親子で楽しめる!

また、30代以上のファミコン世代には、人気が出るのはよく分かりますが、

実は子供世代にも人気となっています。

ちょうどスマホゲームに慣れている世代で、プレイの安易さなどが、

相通じるものがあるのではないでしょうか。

 

それに、内蔵されているソフトも、

リオオリンピックの閉会式でもお馴染みになったマリオやパックマンを始め、

ゼルダの伝説や、悪魔ドラキュラ、エキサイトバイクと言ったゲーム史に残る名作揃い。

確かに、どんな世代にも受け入れられるでしょうね。

 

Sponsored Link

 

まとめ

特に、レビューでは、親子で対戦できるバルーンファイトやドクターマリオに人気が集中。

現在の購買層が、ゲーム好きのハード層ではなく、

日ごろはスマホゲームもあまりやらないようなソフト層が多いことが、

このようなところからもうかがえます。

 

ソフト層が食いついたとなると、潜在購買層は計り知れないほどおり、

更に親子で楽しめると言った評判が、この年末年始で話題となれば、

今後息の長いヒット商品になりそうな予感です。

 

ハイテク満載の最新ゲームもいいですが、

こういうレトロでも、親子でお手軽に楽しめるゲームも

いいですね!

 

 

関連記事

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ