日銀会合で黒田現状維持!マイナス金利政策はいつまで?株為替の影響は

日銀金融政策決定会合で金融政策現状維持!マイナス金利政策いつまで?

日銀が金融政策の現状維持!
というニュースが目につきました。
このネタがマーケットにどう影響するのか気になります。

どういう内容なのか調べてみました!

 

Sponsored Link

 

日銀金融政策決定会合で現状維持!黒田総裁記者会見

日銀は12月19~20日の金融政策決定会合で、
短期金利をマイナス0.1%とし、長期金利をゼロ%程度とする
政策現状維持を決めたという内容。
マイナス金利ってよくよく考えると凄いですよね!
この金利のコントロールって難しいと思います。

新興国を中心とする海外経済の改善を踏まえ、
「景気は緩やかな回復基調を続けている」という認識!
「先行きの経済は緩やかな拡大に転じていくとみられる」
とも言ってるようです。

これって景気いいぜという事?
言葉一つ選ぶのも大変です。

午後3時半から黒田総裁が記者会見を行うようです!

 

マイナス金利政策いつまで?金融政策って難しい

金融政策って非常に難しいと思います。
言葉一つで、マーケットが過剰に反応したりしますし、
景気が上向いて来たら、できるだけ金利を正常な状態に
戻したくなって、先走り気味に動いちゃうと、一気に株価腰砕け。。。
というパターンを失われた10年とか20年とか言われていたころ
日常茶飯事でした。

今回は現状維持なのでよかった。
このまま景気よくなって欲しいところです。
でも、いつまでも、このマイナス金利政策って続けられるものなのか?
というのを考えると夜も眠れなくなります。

難しいとことはよくわかりませんが、マイナス金利も副作用があると思います。
なので、その副作用との綱引きとなると思います。
個人消費とかなかなか乗ってこないですが、このマイナス金利のメリットを
最大限活用して、経済活性化を早くやってしまって、
デフレ脱却という流れとなればいいですね!

 

日本景気見通し!株為替の影響は

「先行きの経済は緩やかな拡大に転じていくとみられる」
この表現がなかなかいいですね!
言葉一つも慎重にしないといけないので、
なかなかこういう希望が見られる言い回しするのも勇気がいりますが、
こういう言い回ししているという事は、期待していいのかも!

マスコミは雰囲気の悪いネタはガンガンひらって煽り立てて、
負のスパイラルつくるの得意ですが、そういう流れにならないよう、
こういう明るい表現ガンガンしてほしいですね。

アメリカダウ、日経平均もええ感じですし、ドル円も円安基調で落ち着いてる!
トランプでどうなるの事やら?という不安もあったが、
今のところいい方向に転がってる!

ひょっとしたら激熱の時代、つまりバブル波動くる???
まさに平野のらの「バブルはそこまで来ているゾ!」状態?

Sponsored Link

 

まとめ

日銀金融政策決定会合で金融政策現状維持!マイナス金利政策いつまで?まとめ

■日銀金融政策決定会合で金融政策現状維持!
⇒マイナス金利維持!

■マイナス金利政策いつまで?金融政策って難しい
⇒副作用との綱引き!デフレ脱却はよ!って感じ

■日本景気見通し!
⇒バブルはそこまで来ているゾ!状態???

アベノミクス前のひたすら右肩下がりの日経平均チャートは、もう見飽きた。
このまま右肩上がりの上昇チャートを見ていたい!
ロケット加速しなくていいので、
ジワジワと右肩上がりのチャートを継続的に描いてほしい!

平野のらの「バブルはそこまで来ているゾ!」の現実化希望!

 

 

関連記事

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ