hot-lifeinfo

女城主直虎26話のあらすじと感想!気賀の築城を龍雲丸はなぜ嫌う?

女城主直虎26話のあらすじと感想!

前回は直虎、謀反の疑いで大ピンチでしたね。

関連記事:女城主直虎25話のあらすじと感想!今川氏真役の尾上松也がイケメン

土壇場でふんどし男の龍雲丸たちの活躍で大量の材木を回収!

これで、今川に忠義を示せるはず!果してどうなることやら。

26話全力でみた感想です。

 

Sponsored Link

 

女城主直虎26話のあらすじと感想!井伊の木材で気賀に城?

直虎は家臣や龍雲丸たちの活躍で無事に今川に忠義を示すことができた。

直虎は無事に井伊に帰れた。めでたし。

ところで、今回、回収した木材の使い道がなにやら不気味。

気賀の商人たちのもとへ、武将達がやってきて、なんだか、無理な相談を持ち掛けて来たようだ。

その内容は、例の木材で気賀に城をつくろう!という話。

一方、龍雲丸は直虎に怒鳴り込んできた。

気賀に城をつくるとは、どういうことじゃ!と鼻息荒い。。

直政は、龍雲丸に説明するが、龍雲丸が直虎に考えを問う。

しかし、直虎は今川には逆らえない。。

龍雲丸は怒って帰る。。

 

 

気賀の築城を龍雲丸はなぜ嫌う?

政次は直虎に龍雲丸の肩を持つのは、もうやめるべしという感じ。

龍雲丸は井伊は恩を仇で返すと取ったので、何やら別の作戦を考えるようだ。

直虎は気賀のゴタゴタを治めるべくいろいろ考える。

今川の相手めんどくさい。。。

直虎は、気賀の商人を集めて、話し合い。

商人たちは武家の目が入ることで商いがしにくく、なることを嫌っている。

直虎はそれならば、城はつくってもOKでは!

武家に商売の邪魔しないようにさせればいいのでしょ!と説く。

伊勢屋(松尾貴史)が理解をします。

ということで築城OKでクロージングと思いきや。。

また龍雲丸がちゃぶ台をひっくり返す。。

まとまらん。。

直虎は龍雲丸を説得するが。。

龍雲丸の親は城を守ると言って死んだ。。

そのトラウマから城は要らない!に拘る。なかなか説得できない直虎。。

龍雲丸が武将を嫌う、城も嫌いというのはこの過去のトラウマですね。これをずっと引きずって生きてきたのでしょう。

なので、直虎にも柄ではないと家臣になることを断ったという事ですね。

 

 

龍雲党は気賀を去るようだ。。。そこへムロツヨシ

 

龍雲丸たちは、気賀を出ていくようだ。

直虎はもうそれも仕方ない。と思っていたその時、ムロツヨシが何やらひらめいた。

気賀に井伊が入り込めば!!!

という考え、龍雲丸と突き放すのではなく、さらに絡んでいこうということ。

 

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

女城主直虎26話のあらすじと感想についてお届けしました。

まとめます。

■女城主直虎26話のあらすじと感想!井伊の木材で気賀に城?
⇒不穏な流れ。。

■気賀の築城を龍雲丸はなぜ嫌う?
⇒トラウマがあった。龍雲丸の父は城を守るといって死んだ。

■龍雲党は気賀を去るようだ。。。そこへムロツヨシ
⇒方久(ムロツヨシ)ヒラメキ

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:おんな城主直虎あらすじ感想まとめ☆最終回まで!柴咲コウ・キャスト他

直虎ネタバレあらすじと感想・その他まとめです!最終回まで更新中!

 

ムロツヨシもまさかのアイデア、直虎どうするのだろう。。

次回も目が離せません!

 

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ