hot-lifeinfo

女城主直虎24話のあらすじと感想!信長の市川海老蔵の演技が上手い!

女城主直虎24話のあらすじと感想!

前回は龍雲丸の柳楽優弥たちが直虎の家臣になるのか?というところで、結局ならず。。

というオチでした。

関連記事:女城主直虎22話あらすじ感想!竜雲丸の柳楽優弥のバックハグで煩悩が。。

龍雲丸はやはり、家臣なんぞ肌に合わないという感じなのかな。

最後まで家臣にならないのかその辺が気になりますが24話では、いよいよ信長が出て来るようです。これは見ものです。

 

Sponsored Link

 

女城主直虎24話のあらすじと感想!信長の市川海老蔵の演技が上手い!

市川海老蔵の織田信長がやっと出てきた。阿部サダヲ演じる家康とのやり取り。

阿部サダヲのお茶らけモードを寄せ付けない、迫力の演技!

武田、今川のゴタゴタで裏で手をひく織田信長怖い。

一方、今川氏真(尾上松也)が同盟を破った武田家への報復として「塩止め」を行うとともに、国衆の離反を防ぐための策として縁談を積極的にすすめる。

直虎のもとにも、新野家の三女・桜(真凜)を今川家重臣の庵原家へ嫁がせよという命令が下る。

 

桜(真凜)については以下記事をご参考下さい。

関連記事:女城主直虎☆新野家光浦靖子の妹の可愛い画像!吉倉あおいと真凛って誰

 

 

 

直虎は庵原面談

直虎はひとまづ、今川家重臣の庵原家と面談。

かなりイケメン!なので、はいOK!というふうに単純にはいかないですね。。

戦国時代の縁談って戦略そのものですよね。イケメンは二の次、つらい時代。

和尚も同席していたが、直虎が成長したこのに、逆に寂しさを感じているよう。。

直虎は新野家の三女・桜(真凜)に庵原に嫁ぐよう話す。真凜はもし、直虎なら嫁ぎたいと思いましたかと聞く。

直虎はもちろん!と答え、真凜も了解!

 

直虎の乳母のたけが直虎の元を去る

そんな中、直虎の乳母のたけが直虎の元を去ると出て行った。もう役に立てないという事の用だ。

しかし直虎は、たけを追いかけ連れ戻そうとする。しかし、たけが家臣はきちんと役に立つ人間を召し抱えるべきと直虎に伝える。

直虎は理解しようとしないが、最後の頼みということで、たけは自ら退くことになった。

ちょっと寂しい。。

 

直虎は北条の動きを知りたいと政次に相談。政次もなかなかいい作戦となった。

そんな中、たけが戻ってきたと思ったら、たけの姪のウメというものが直虎に使えることになった。キャストは同じじゃないか。。

でもなぜ、この流れでたけのくだりが必要なのかよくわからん。。

桜(真凜)は嫁いでいった。徳川もいろいろ縁談がすすんでる。あちこちで、いろんな動きがでてきた。

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

今回は女城主直虎24話のあらすじと感想についてお届けしました。

まとめます。

■女城主直虎24話のあらすじと感想!信長の市川海老蔵の演技が上手い!
⇒海老蔵の演技上手い!迫力ある!

■直虎は庵原面談
⇒イケメン

■直虎の乳母のたけが直虎の元を去る
⇒このくだりの必要性が不明。

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:おんな城主直虎あらすじ感想まとめ☆最終回まで!柴咲コウ・キャスト他

関連記事:女城主直虎の竜雲丸役の柳楽優弥って誰?ふんどし衣装のイケメン画像!

関連記事:女城主直虎22話あらすじ感想!竜雲丸の柳楽優弥のバックハグで煩悩が。。

直虎ネタバレあらすじと感想・その他まとめです!最終回まで更新中!

 

あちこちで、いろんな動きがでてきた。

これはいよいよ戦国時代ど真ん中へ突入か。

そこへ、銭の犬、方久(ムロツヨシ)が商人たちと美味しい話をゲットしてきたようだ。

次回、どうなることやら。

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ