hot-lifeinfo

女城主直虎23話のあらすじと感想!柳楽優弥演じる龍雲丸が家臣に?

女城主直虎23話あらすじ感想です。

前回は龍雲丸の柳楽優弥たちとのゴタゴタが丸く収まったという物でした。

関連記事:女城主直虎22話あらすじ感想!竜雲丸の柳楽優弥のバックハグで煩悩が。。

龍雲丸のバックハグは素敵でしたね!

今回は、また近藤康用が登場するようです、やっと龍雲丸たちと仲良くなったのに、またひと悶着あるようです。

どうなることやら。。

直虎23話全力で見た感想です。

 

Sponsored Link

 

女城主直虎23話あらすじ感想!もみ上げが暑苦しい近藤康用が来た。

直虎は宴会の二日酔い状態。。

そこへもみ上げが暑苦しい近藤康用がやってきた。

菩提寺から本尊が盗まれたと絡んできた。

近藤康用は盗賊を頭ごなしに疑ってくる。

政次は冷静に盗賊たちを引き渡しましょうという。

直虎は当然反対すると思ったが、意外にも素直に引き渡すことにした。

直虎は中野を使って先に逃げるよう連絡させることにした。

どっちが早いのだろう・・

残念ながら近藤康用らが先に到着。しかし龍雲丸たちは、素早く脱出していた。

さすが、逃げ足が速い。中野のその状況を直虎に説明。

しかし、その後、龍雲丸たちは行くへ不明。

当然そうなる。もう井伊には戻ってこないと思われる。

 

和尚に相談

 

直虎は和尚に相談。

和尚は頭を下げるのも当主の役目とアドバイスする。

直虎は早速、和尚と一緒に近藤康用のところへ話をしに行く。

近藤康用は直虎に言いたい放題だが、直虎はぐっとこらえて謝る。

近藤康用は意外にも、直虎が謝ったことでそれ以上、頭にくるようなことは言わなくなった。

和尚は、本尊のあったところを見せてもらうように頼み、現場にみんなで行く。

しかし、そこには本尊らしきものがある。

なぜだ?近藤康用達は慌てる。

その本尊らしきものは、本尊だった。

和尚はそれをせえることなく、本尊が自ら戻ってきたのでしょう!

この件はこれで一件落着にしようという事に。

さすが和尚!

でも、なぜ本尊が戻っていたのか。。

実は、和尚のところに龍雲丸がやってきて、相談に来ていたようだ。

自分たちは、盗んでいないとのこと。

和尚が出向くということで、近藤達は本尊を隠すから、その本尊を龍雲丸がもとの位置に戻すという作戦。

つまり、近藤達の言いがかりだったということ。

 

龍雲丸なかなかいいキャラだが、政次がさらにイケメン

柳楽優弥のセリフの言い回しが寅さんのようだな感じでいい!

しかし、龍雲丸たちに情報を与えたのは、政次のようだ。

政次は一体、どういう考えなのだろう。

丸く収めるために、近藤をだまし芝居をうったのだろうか。

政次は、立場上、難しいふるまいをする必要があるのでしょう。

井伊を全面的に応援という姿勢を表立ってできないのでしょう。

イケメンの上に男前な役柄!

 

 

直虎は龍雲丸を井伊に仕えろと誘う。柳楽優弥演じる龍雲丸が家臣に?

一段落して、直虎はダメもとで龍雲丸を井伊に仕えろと誘う。

龍雲丸は過去に武家にたいしてトラウマがあるようだが、実は武家の出身のようだ。

ややこしい素性のようだ。龍雲丸はみんなに相談し、直虎の相談OKのようだ。

うるさい中野もウエルカム状態。

しかし政次はまた、悩ましい。

直虎は、龍雲丸に銭を払うと同時に正式に家臣として受け入れる準備。

丁度そのころの雲が龍のような状態!まさに龍雲丸。

そこへ登場!龍雲丸!

 

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

龍雲丸は盗賊なので、周りからの扱いでゴタゴタあったが、直虎の家臣になることにというオチになると思いきや、土壇場で断るって。。

なんじゃそりゃ!!!

直虎ポカン顔。。

まさに謎のキャラ。

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:おんな城主直虎あらすじ感想まとめ☆最終回まで!柴咲コウ・キャスト他

関連記事:女城主直虎の竜雲丸役の柳楽優弥って誰?ふんどし衣装のイケメン画像!

関連記事:女城主直虎22話あらすじ感想!竜雲丸の柳楽優弥のバックハグで煩悩が。。

直虎ネタバレあらすじと感想・その他まとめです!最終回まで更新中!

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ