hot-lifeinfo

喪中はがきのマナー!文面の書き方と郵便局へ出す時期っていつまで?

残す年もあとわずかというところで、そろそろ年賀状が気になりますよね。

毎年、喪中のはがきもそろそろ届く頃です。

さて、喪中のはがきを出すに当たっての知識をまとめておきましょう。

 

Sponsored Link

 

喪中のはがきの意味

一般的に喪中のはがきは、近親者に不幸があった時に、

「喪に服する」という意味を込めて、今年の新年のお祝い、新年の挨拶の年賀状は、

控えさせていただきますという意味合いで常日ごろ、

年賀状をやりとりしている方に年内に通達することを言います。

 

いつ頃までに出すのか?

通常、年内11月下旬から12月中旬くらいに届けるようにします。

その頃に何通か届きますよね。

年賀状のやりとりをしている方にも準備をする段階で知らせておくのがマナーですね。

 

亡くなった近親者の範囲は?

基本的には、一親等の両親、義理の両親、配偶者、子、二親等の兄弟や祖父母、

孫などの範囲までに万が一の事が生じた場合の通達範囲です。

 

喪中を出す範囲

年賀状をやりとりしている知人や友人、

また通夜や葬儀に出向いてくれた職場関係の人にお香典を頂いた方に

御礼の意味を込めて、お送りします。

 

12月に不幸があった場合

案外多いケースです。

12月に不幸がある事は多く、実際、葬儀を行う側も慌ただしく、混乱しがちです。

しかし、忙しいのに慌てて無理して、年内中に送ることもありません。

年明けに寒中見舞として、お知らせしましょう。

 

喪中のはがきを出していな方から届いたら

これも同じく、寒中見舞で出しておきましょう。

 

Sponsored Link

 

喪中に書く内容とは

まずは、喪中につきの年賀欠礼のご挨拶ですね。

これは文面は色々とありますので、お好みの文例を選んでください。

「喪中はがき」の書式テンプレート

 

次に記すのが、故人の続柄と年齢といつ亡くなったかを記します。

たまに単なる喪中のお知らせだけの喪中を送る方も居ますが、

マナーとして故人の事は記した方が、送る側に心配をかけなくてすみます。

 

 

はがきはどこで買うの

年賀はがきは、毎年年賀切手など話題となっておりますが、

果たして喪中専用のはがきってあるのかなと疑問に思ったことありませんか?

もちろん、喪中専用のはがきも郵便局で用意されていますが、

専用のプリントや切手などが施されています。

 

実は、まっさらな喪中用のはがきはなく、官製はがきでもマナー違反でもありません。

もし官製はがきを購入して、自分でプリントするなり持ち込むなりしても大丈夫です。

ただ一言、「喪中に使うのですが」と郵便局の窓口で相談すれば、

胡蝶蘭の切手の官製はがきを準備してもらえます。

 

薄墨で書くの?

お香典などは、薄墨の筆で書きますよね。

しかし、年賀状は薄墨で書く必要はありません。

自宅のプリンタで印刷する際には、なかなか調整が難しいですが、

簡易印刷屋さんですと、相談に乗ってもらって、

薄墨の文字でも相談に乗ってくれます。

 

挨拶ドットコム、喪中はがき

 

まとめ

喪中のはがきは、届くのは常日頃ですが、いつ自分も出す側になるかわかりません。

お葬式の知識をおさらいするのであれば、

ついでに喪中のはがきの出し方もリサーチしておけば、

いざという時にあわてずにすみますね。

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ