hot-lifeinfo

ポケモンサンムーン!新キャラおすすめミミッキュの性格,中身正体とは

ポケモンサンムーンの新ポケモン「ミミッキュ」の正体とは!?

11月28日に世界同時発売された、
3DSソフト「ポケットモンスター サン・ムーン」。

そのサン・ムーンで新ポケモンが多数登場しました。
中でも1匹のポケモンの正体について、
ある噂が飛び交っているのはご存じでしょうか…
そのポケモンの名は、「ミミッキュ」。

 

 

Sponsored Link

 

ポケモンサンムーン!新キャラ「ミミッキュ」ってどんなポケモン?

 

ゲーム内でポケモン図鑑はミミッキュをこう紹介しています。
タイプ・ゴースト/フェアリー、ばけのかわポケモン。
正体不明。ボロ布の中身を見たとある学者は、恐怖のあまりショック死した。

ミミッキュ、怖い。
いったい、ボロ布の中には何があるのか公式サイトで紹介されてから、
ネットで話題になっていました。
常に布をかぶって生活していて、布の中のミミッキュの正体を見た人は
謎の病気に苦しむと信じられていて絶対に見てはならない。
とサン・ムーンの舞台アローラ地方では言われているそうです。

ミミッキュはポケモンの中でも人気のあるピカチュウに似た姿をしていて、
ミミッキュの能力で似た姿をしているそうです。
普通の布きれにピカチュウの目や口に見える模様を、浮かび上がらせている。

 

その噂になってる、性格、中身正体って?

公式サイトでは、自分の姿をピカチュウに似せているのは20年前に
ピカチュウのグッズが流行った時に、寂しがり屋のミミッキュがピカチュウの姿なら
人間と仲良くできるかもと考えたためとなっています。
アニメ「ポケットモンスター サンムーン」で早々と登場し、
ミミッキュはピカチュウを憎んでいるとも紹介されていました。

ポケモンファンで「20年前」「ピカチュウとの確執」「正体を隠してる」
この3点をよく考えてみるとある事件が想い浮かぶのではないでしょうか?
「ポケモンショック」
そう、ポケモンショックが起こったのは約20年前の1997年、
ミミッキュがピカチュウの真似をし始めたのも20年前。
あの事件でピカチュウの代わりに、アニメから消えたポケモンが1匹いますね。
バーチャルポケモン「ポリゴン」を思いだされることでしょう。

私もこの噂を知った時、公式は憎い演出をしてくれるなと思いました。
ポケモンショックが起きた当時、私は小学生でした。
もちろん、アニメ見てましたよ。

 

Sponsored Link

 

知らない人の為に、「ポケモンショック」とは?

今から約20年前の1997年12月16日にテレビ東京系列で放送された、
アニメ「ポケットモンスター」第38話「でんのうせんしポリゴン」の後半あたりの映像が
発端で起きた事件です。

放送直後、アニメを見ていた一部の人が光過敏性発作などで病院に搬送されました。
搬送された人の多くは児童だったので、当時それなりに話題になりました。
事件の影響で、アニメ・ポケモンの放送が4ヶ月の間休止していました。

アニメの内容は、主人公のサトシたちがコンピュータ内で起きている事件を
解決するためにコンピュータ内部に入り込むというものでした。
当時はCG技術がまだ今ほど発達していなかったので、コンピュータの世界を
表現するためにストロボやフラッシングなどの激しい点滅が多用されました。

特に、ピカチュウの技「10まんボルト」がワクチンソフトのミサイルに当たった場面が、
点滅が激しかったので体調不良が起きたのでしょう。
今では、テレビを見るときは部屋を明るくして、離れてみましょう。と言われ続けています。
アニメに関しては、毎回冒頭に注意のテロップやアナウンスが出ますね。

 

当時の懐かしい思い出とともに。

当時は子供たちがほぼテレビの目の前で、
アニメを噛り付くようにみていたような記憶があります。
今では、映像技術もテレビの性能も上がったので、
テレビを抱えこむように見たりなどあり得ないスタイルで見ないかぎり二度と
ポケモンショックのような事件は起きないでしょう。

 

関連記事

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ