hot-lifeinfo

清宮が日ハムに行く可能性と契約金・年俸は?背番号は1番絡みなの?

清宮が日ハムに行く可能性は?

 

契約金・年俸はいくら?

 

背番号は何番になるの?1番絡みなの?

 

等々気になること、てんこ盛りです!

 

という訳で、今回は清宮の日ハム絡みについてお届けします。

 

Sponsored Link

 

清宮と日ハムとは

小学生の頃から「怪物」と呼ばれ、早稲田実業での高校時代も、ホームラン数の記録を塗り替えるなど野球好き以外でも早くも知られた存在になっている清宮幸太郎選手。

 

ドラフトでも大方の予想どおり、福留孝介選手以来となる高卒選手で7球団競合となり、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得しました。

 

ただ、あくまでもこれは清宮選手との入団交渉ができる権利を得ただけ。

 

まだ日ハム入団が決まったわけではありません。

 

果たして清宮選手はこのまま北海道に行くことになるのでしょうか?

 

ドラフト前、清宮選手は異例とも言える獲得を希望している球団との事前面接を行っていました。

 

しかし、皮肉な結果ながら、交渉権を得た日ハムとは面談を行っていないのです。

 

そのため、一部の意見では「拒否する?」なんて声も聞かれましたが、実際のところは一番意中のチームが引き当てたと言っても過言ではありません。

 

清宮選手のお父さんはラグビー界の大物、清宮克幸氏。

 

元早稲田大学ラグビー部の監督で、現日ハム監督の栗山英樹氏も早大出身。

 

栗山氏がキャスター時代にインタビューを通じて交流が始まり、家族ぐるみの付き合いがあるため、父親としては信頼のおける栗山監督の元で育ててやりたい気持ちが強かったとされており、日ハム入団は万々歳なのです。

 

 

 

清宮が日ハムに行く可能性は?

清宮選手にとっては日ハム入団はメリットが多いのです。

 

まず、清宮選手のポジションであるファーストが、今シーズンまで中田翔選手が務めていますが、中田選手はFA宣言して他球団に行くことが有力となっており、ファーストのポジションが空くのです。

 

更にパ・リーグのため、DH(守備をせず打席だけ)制度もあるため、成長できる環境が整っています。

 

更に、日ハムは大谷翔平選手や、過去ではダルビッシュ有選手などメジャーリーグへの挑戦にも協力的なチーム。

 

将来、メジャーで試したい清宮選手にとって理想とも言えるチームで、入団の可能性はかなり高いでしょう!

 

少なくとも年内中には契約が決まるのではないでしょうか?

 

 

契約金・年俸はどれぐらい?

 

さてどうしても気になってしまうのが契約金・年俸とお金の話。

 

現在のプロ野球では、社会人・大卒でのドラフト1位入団選手は契約金1億円、年俸1500万円と言うのが定番になっています。

 

最近では高卒でもソフトバンクや巨人のような金満チームでは同額になることも少なくありません。

 

将来性、話題性を考えると清宮選手も同額程度が妥当かと思いますが、年俸に関しては結構渋い日ハム。。

 

ここは想像でしかありませんが、早期でのメジャーリーグ挑戦を容認する条件でやや金額は抑えめになるのではないでしょうか?

 

具体的には契約金8000万円、年俸1000万円くらいではと予想されます。

 

仮に将来、メジャーリーグで4番を打つような逸材になれば、この数百倍の年俸が入ってくるわけで、いくら今の年俸が低くとも、将来性を考えるのではないでしょうか?

 

 

背番号は1番絡みなの?

また背番号はいくつになるでしょうか?

 

予想されるのが話題性を考えて、現在大谷選手が付けている「11」

 

また、今は高校の先輩でもある斎藤佑樹選手が付けている「1」

 

「1」は目標にしている王貞治氏が付けていた番号。

 

なので、1番が絡む番号になる可能性は高いのではないでしょうか。

 

『1』が一番カッコいいと思いますが、現状、埋まってます。

 

『11』も埋まってますし。。どうなることやら。。

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は『清宮の日ハム絡み』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■清宮と日ハムとは

⇒一番意中のチームなのでは

 

■清宮が日ハムに行く可能性は?

⇒ほぼ決まりではないでしょうか。

 

■契約金・年俸はどれぐらい?

⇒契約金8000万円、年俸1000万円くらいかな。

 

■背番号は1番絡みなの?

⇒可能性が高い

 

清宮のプロでも活躍楽しみです!

早く豪快なホームランみたい!

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ