hot-lifeinfo

憲法9条改正のメリット・デメリットといつ変わるかをわかりやすく!

憲法9条改正のメリット・デメリットは何なのか気になりますよね。

また、いつ変わるかも気になります。

その辺をわかりやすく知りたいと思いますよね。

今回は憲法9条改正のメリット・デメリットといつ変わるかについてお届けします。

 

 

Sponsored Link

 

 

憲法9条いつ変わるの?

事実上の独裁政権のおごりなのか、随所に失言が目立つ安倍内閣の閣僚たちだが、リーダーの安倍総理も例外とは言えない。

先日も、安倍総理が自ら、憲法9条における自衛隊に関する条文を追加することを2020年までに改憲したい例示をした。

これに対し、野党の民進党などは猛反発、与党のパートナーである公明党からも苦言を呈されるなど波紋が広がっている。

なので、いつ変わるかはなんとも言えないです。安倍総理はかなり本腰で2020年までにということを目指しているようだが、簡単にサクッとできるものではないと思います。

果たして、憲法9条とはどんなものなのか分かりやすく解説していきたいと思う。

 

 

ズバリ!憲法9条とは?

憲法に記載されている9条は憲法前文と伴に「三大原則の1つ」である平和主義を規定しているものだ。

ものすごく噛みくだいて言ってしまうと憲法によって戦争放棄をしているということだ。

第2次世界大戦での敗戦によって多大なるダメージを受けた日本が、永久に戦争をしないと宣言しているもの。

世界中探しても戦争放棄を憲法で明記しているのは稀有で、一時期ノーベル平和賞候補にもノミネートされた日本が世界に誇るべく憲法だ。

という事は、安倍総理は戦争をしたがっている?わけでは当然ない。

元々、自民党は中曽根元総理など憲法改正論者が多い政党ということもあるが、安倍総理が注視しているのが自衛隊の位置づけだ。

自衛隊は今の憲法の解釈だと、様々な意見があるものの、軍隊と言うことにはなっていない。

日本国民も軍隊とは思っていない者が多いだろう。しかし、自衛隊を英語表記すると「JAPAN ARMY」となり、直訳する場「日本軍」。

つまり、外国では自衛隊は軍隊と思われている。

そのため、反日思想が強い韓国では、現在の北朝鮮有事の際も、日本国民救済のためでも自衛隊が韓国領土内に入ることを拒否し続けているねど完全に軍隊とされている。

国際的認識と国内の認識に差があることで、現在も日本政府はアメリカを中心とした関係諸国から自衛隊の扱いについて難しい選択を迫られている。

憲法によって自衛隊の存在を明記したと言う考えが、憲法9条改憲の根本にある。

 

 

Sponsored Link

 

憲法9条改正のメリット、デメリットをわかりやすく!

では、果たして憲法9条の改憲するメリット、デメリットはどこにあるのだろうか。

まず、メリットは何と言っても前述した国際的常識とのギャップを埋めるという事です。

イラク戦争の際も、日本は莫大な税金を投入してアメリカ軍などの多国籍軍を支援した。

しかし、汗を流していないことからクウェートから感謝をされなかったなんて逸話がある。

k自衛隊(JAPAN ARMY)がいながら汗は流さないのかと言う国際批判はアメリカを中心に湧き上がっているのは事実だ。

 

逆にデメリットはどうだろうか。

最大のデメリットは国民理解がどこまで行き届くかだろう。

上記で述べたように戦争を再び起こす気はないにせよ、戦争放棄を謡い、約70年間世界に誇れる平和国家を築いていた世代にとっては、少しでも憲法が変わってしまうアレルギーは多い。

また、直接的に自衛隊が紛争地域に関与することで、自衛隊員の犠牲や、テロの標的になりやすいと言う点も懸念される。

 

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:憲法9条全文を子どものころ暗記したけど改正を安倍総理が何故進めるの?

憲法9条関連の記事です。

 

 

まとめ

今回は「憲法9条改正のメリット・デメリットといつ変わるかをわかりやすく!」についてお届けしました。

まとめます。

■憲法9条いつ変わるの?
⇒安倍総理は2020年を目指しているがどうなることやら。

■ズバリ!憲法9条とは?
⇒戦争放棄

■憲法9条改正のメリット、デメリットをわかりやすく!
⇒メリットは国際的常識とのギャップ埋め、デメリットはテロの標的になりやすくなったり諸々のリスクがある。

トランプ、北朝鮮など、周りがかなり物騒になっている中、安倍総理も国際的な常識のギャップを埋めることを迫られているのかもしれないですね。

難しい問題ですが、変な方向に向かわないないように慎重に対処してもらいたい!

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ