hot-lifeinfo

憲法9条全文を子どものころ暗記したけど改正を安倍総理が何故進めるの?

憲法9条全文を子どものころ、学校で無理やり暗記させられた記憶がある。

 

しかしこの憲法9条の改正を安倍総理が何故か今推し進めています。

 

その背景が気になります。

 

一体どういうことなのか調べてみました。

 

 

Sponsored Link

 

 

憲法9条改正を安倍総理が何故進めるの?

なんだか国会で憲法9条改正を安倍総理が推し進めているようです。

 

内容は、憲法9条の改正に関し

 

「今まずやらなければいけないことは自衛隊についてで、残念ながら憲法学者の多くが違憲と言っている。そういう状況を変えるのは私たちの世代の責任だ」と述べ、

 

9条を改正し自衛隊の根拠規定を置く必要性を訴えてるようです。

 

つまり自衛隊の立ち位置を変えようとしているようです。

 

共産党の小池晃書記局長は、首相の9条改正案により「自衛隊は何の制約もなく海外で武力行使できるようになる」と追及。

 

これに対して安倍総理はそういう事にはならない。当然、憲法上の制約は受けるとしている。

 

内容が結構難しいので、なんともわかりにくいが、この辺が結構、微妙というか日本語の取り方で危ない方向になりかねないという部分があるのかな。。

 

首相は、蓮舫氏に「自民党内の議論を加速し、憲法審査会への提案をいかに苦しくてもまとめ上げる決意だ」と表明。

 

安倍総理がなぜかかなり本腰!

 

同時に文句ばっかりいってないで、に反対する民進党にも案をまとめるよう促した。

 

憲法を改正し2020年施行を目指すとした理由については、新しい日本を始めようという機運がみなぎっているから。

 

蓮舫氏は「五輪と憲法改正は全く関係ない」と批判。

 

蓮舫氏とのやり取りはいつものことながらイマイチ。。

 

 

安倍総理はなぜ、本腰入れて憲法9条を改正しようとしているのかは、やはり北朝鮮とかが関係あるのでしょうか。

 

憲法9条はザックリ、防衛のための必要最小限の戦力しかダメ的な内容。

 

つまりこのままでは、北朝鮮がなんかやらかしても、守り切れないというのがあるのかもしれないですね。

 

この辺の論争はかなり難しいものが、あると思いますが、確かに北朝鮮がややこしい。

 

 

Sponsored Link

 

 

憲法9条全文を子どものころ暗記したけど

大昔、私が通っていた小学校では憲法9条の全文を暗記させられました。

 

あの長い、超難解な文言を丸暗記!

 

当時はそれぐらい大事なことなのかというような深い考えはなく、とにかく暗唱できるようにならないと竹刀で殴られるという、時代でした。。

 

今では考えられないですね。

 

こんなとこあったら超物議をかもすことになるでしょう。。

 

当時はそれが普通と思ってましたが。。

 

 

まとめ

今回は『憲法9条全文を子どものころ暗記したけど改正を安倍総理が何故進めるの?』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■憲法9条改正を安倍総理が何故進めるの?

⇒北朝鮮など、周りが物騒になったからかな?

 

■憲法9条全文を子どものころ暗記したけど

⇒今の時代はさすがに無いと思うが昔は普通にやってた。

 

 

こちらもどうぞ

 

関連記事:憲法9条改正のメリット・デメリットといつ変わるかをわかりやすく!

 

北朝鮮関係の記事です。

 

 

憲法9条全文を子どものころ暗記したけど、この9条は憲法のなかで非常に重要な内容で、これを改定するというのは、嫌でも注目されますね。

 

蓮舫とのやり取りはさておき、安倍総理が本腰いれて進めるのも正直それがいいのか、悪いのかは分からないです。

 

平和なのが一番なのですが、平和を維持するのも、周りがややこしいといろいろ難しそうです。改定するにしても、かなり慎重に進めてもらいたいところです。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ