iPhone7純正ワイヤレスは別売り。普通のイヤホンの使い方は?

iPhone7では今までのイヤホンが使えないの?使い方としては?

世界的には売り上げが鈍化しているiPhoneですが、

2016年10月に発売開始したiPhone7もしばらく品薄が続いているなど、

日本市場においてはいまだに絶好調。時期iPhone(iPhone8)では、

噂レベルながら縁がない全面ガラス画面になるとか、ワイヤレス充電が可能になるとか、

革新的なモデルになりそうで、それも考えるとしばらくはiPhoneの天下が続きそうです。

 

Sponsored Link

 

iPhone7では今までのイヤホンが使えない?

そんなiPhone7、ニュースではSuicaが使えるようになることや防水に対応したことなど、

メリットが多く踊っていますが、意外と不便だと感じることが、

イヤホンジャックの廃止ではないでしょうか。

 

イヤホンジャックを廃止したことで、やや薄型にできたのですが、

今までのイヤホンはもう使えないのでしょうか。結論から言ってしまえば。

イヤホンジャックからライトニング端子に変換できるプラグがiPhone7に付属されているので、

それさえ使えば問題ありません。

しかし、そのプラグを無くしてしまうと使えないわけですから、

一つ手間が増えてしまったとも言えますね。

 

今後の主流はbluetoothなどワイヤレス接続

iPhone7には、ライトニングケーブルで接続するイヤホンが付属されており、

Appleとしてもそれを主流にする気なのかと思いきやそうではないようです。

どうやら、今後の主流はbluetoothなどワイヤレス接続のイヤホンを

使うことになっていきそうです。

 

確かにbluetooth接続だったら、iPhoneならbluetoothをオンにするだけで、

自然と認識してくれるので簡単設定、例えばiPhone7本体はカバンに入れておいても、

イヤホンで音楽などが聴けま巣から通勤ラッシュがある日本ではぴったりかもしれません。

 

と言うのも、ライトニング端子に接続して使うイヤホンを使用中の場合、

充電ができないのです。

言い換えれば、充電中にイヤホンを挿して使うことができないと言うこと、

わざわざ充電中にイヤホン使って音楽聴かないよと思った人も多いかもしれませんが。

 

ライトニング端子が充電で埋まっているので、

iPhoneドックなどスピーカーに接続するのも厳しくやはりイヤホンにせよ、

ドックにせよbluetoothの時代がやってくるようです。

 

そうはいうものの充電しながら、まだまだ普通(有線)のイヤホンを使いたい!

という場合もあるのでは?

と思っていたら、すかさずこんなアイテムが

 

LANYI iPhone7 7 Plus ライトニングポートLightning to 3.5 mm Adapter オーディオ ジャック イヤホン ヘッドホン インタフェース 変換 アダプタ 充電ケーブル (シルバー_2 本のケーブル)

 

IPHONE7関連グッズメーカーもぬかりない。

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

やはりシェア率が高く、オリジナル性もあるiPhoneが、

時代の流れを作っていくことは今までの流れを見ていても明らかなこと。

とうとうワイヤレス(無線)の時代が来ましたね。

あと、前述通り、充電もワイヤレスになっていけば、

今のイヤホン問題は解決するわけですけど。

 

また、bluetoothイヤホンはまだまだ値段が高いのもネック。

安いものなら1000円台くらいからありますが、Appleの純正であるbeats誠や。

SONYやboseなど有名メーカーだったりすると、10000円を超えるものもザラ、

主流になることで全体的に値段が安くなると最高なのですけどね。

 

関連記事

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ