hot-lifeinfo

イチローの引退はいつか?現役を続けられる理由と日本復帰の可能性は?

イチローの引退はいつになるのか気になります。

またなぜ、今なお現役を続けられるのか、その理由もしりたい!

さらに、日本球団への復帰の可能性も気になる。

スポーツ界も浅田真央につづき村上佳菜子が引退。。とても寂しいものがあります。

スパースターイチローでも、いつかは迎える引退。

今回はイチローの引退はいつか?

現役を続けられる理由と日本復帰の可能性は?についてお届けします。

 

Sponsored Link

 

イチローとは!

野球界の生きるレジェンドと言えば、各世代ごとに思い入れの選手はいるものの、この人はどの世代からも認められるだろう。

そう現在はマイアミ・マーリンズに所属するイチロー選手の事だ。

イチローの凄いところを挙げるとキリがないが、日本人のみならず多くのメジャーリーガがリスペクトしているなど世界のイチローであることだ。

そんなイチローも、今年で43歳。

野球帽を取ると、白髪が目立つなどベテランと言う域をとっくに過ぎた選手となっている。

例えば、イチローが日本球団時代に所属していた「オリックスブルーウェーブ」。

もう今ではブルーウェーブに所属していた唯一の現役選手であり、ただ成績が良いだけでなく息の長い選手生活もイチローの凄いところだ。

自分で引退を決められるのは一流選手の証。

それだけにイチローの引退時期を予測するのは失礼との声もあるが、やはりどうしても気になってしまうのが人の常。

果たして、イチローの引退はいつになるのだろうか。

 

 

 

 

イチローが現役を続けられる理由

イチローが現役に強いこだわりを見せていると言われている。

あれだけの名声を手に入れた男が、現在マーリンズでは外野手4番手から5番手。完全に代打要因であっても、それを苦には思わず生き生きと、しかも結果を残し続けている。

果たして何故イチローはここまで現役が続けられるのだろうか。

元々「天才」であったことは言うまでもないが、ここまで第一線で活躍しているのは「天才」だけではなし得ない。人から見れば異様とも思えるストイックさがなし得る業なのだ。

まずは、食生活。以前、日本でブームまで起こした朝カレーをイチローがしていたことは有名だが、基本、遠征先でも同じレストランを使うなどルーティンをしている。

同じことを繰り返すことでリズムを生み出し、打撃フォームも変わらずコンスタントに打ち続けられるのではないでしょうか。

続いては怪我をしないこと。実はここにもルーティンが生きてきている。

今もまるで新人のように基礎運動などを欠かすことはなくストイックにトレーニングをし続けている。基本が大事とはよく言うがイチロー程それを実践している者はいないだろう。

 

Sponsored Link

 

 

イチローの引退はいつになるか?日本球団復帰はあるのか?

このように怪我をしない体づくりをしているイチローだけにまだまだ現役を続けられるのではないだろうか。

常識では50歳で現役など考えられないが、例えばあの大谷翔平も入団前は二刀流など無理だと断言する関係者が多かった。

しかし、今の結果を見れば常識などあてにならないことは明らか。

イチローも人々の常識を覆す天才ぶりと努力があり、50歳の大台を一つの目標にしているのではないだろうか。

また、日本球団復帰はあるのだろうか?

まだメジャーでやっていけるため来季などでは考えづらいが、未だに神戸でキャンプを張っていたり、CMにも登場するなどオリックスに対する恩義はあるようです。

また球団としても超スーパースターをいくつになっても手に入れたいはず。

マーリンズが契約解除ということになればオリックス復帰は十分に考えられる選択肢だ。

 

 

 

まとめ

今回は『イチローの引退はいつか?現役を続けられる理由と日本復帰の可能性は?』についてお届けしました。

まとめます。

■イチローとは!
⇒野球界の生きるレジェンド

■イチローが現役を続けられる理由
⇒ストイックさとルーティン

■イチローの引退はいつになるか?日本球団復帰はあるのか?
⇒50歳の大台を一つの目標にしているのではないだろうか。日本復帰もあっても不思議ではない。

 

☆★こちらからどうぞ!★☆

関連記事;カズこと三浦知良の引退はいつ?50歳を超えても現役でいられる理由とは

スポーツ関連記事です。

 

イチローの引退はいつかなのか?現役を続けられる理由と日本復帰の可能性について如何でしたでしょうか?

まだまだ野球界の生きるレジェンドとして活躍し続けてほしい!イチローの活躍はアラフォー、アラフィフ世代にも夢と希望を与えてくれる!

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ