hot-lifeinfo

本田圭佑の移籍先候補はどこ?引退時期はいつなのかの理由と人生哲学は?

本田圭佑の移籍先候補はどこ?というのが気になる状況になってきている。

さらに、引退時期はいつになるのかも、そろそろ気になってくる。

今回は本田圭佑の今後についてお届けします。

 

Sponsored Link

 

本田圭佑の移籍先候補はどこ?

かつての栄光の黄金期と比べるとだいぶ落ちぶれてしまっているものの、いまだに世界を代表する名門クラブ・イタリアACミラン。

そのACミランに、しかもエースナンバーである10番を背負って入団してから約3年半、本田圭佑がとうとうミラノを去る時が来たようだ。

移籍先は、資金力の豊富な中国リーグ、更にはアメリカのMLS(メジャーリーグサッカー)、オーストラリアAリーグなど数々の噂が流れている。

その中には、日本のJリーグも挙げられていたが、プライドの高い本田は、どうやら日本に戻る選択肢はないようだ。

そのなかでも、最も有力視されているのが、スペインのリーガ・エスパニョーラだ。

強豪クラブでありながら近年は苦戦が続いているバレンシアや、新興勢力のレバンテなどが候補とされている。

最近は、ヨーロッパの強豪クラブも、アジアの富豪がオーナーになっているチームも多く、日本はもちろんのことアジア圏で抜群の知名度を誇る本田圭佑は、戦力としてだけでなくマーケットターゲットとしても重宝する存在。

なので、今夏の移籍市場の主役になりそうだ。

 

 

本田圭佑の引退時期はいつなのかの理由

さて、全盛期からは落ちていると言われている本田のポテンシャル、実際不動のエースだった日本代表でもレギュラーの座を脅かされている。

そうなると気になってくるのが本田の引退時期だ。

アスリートの場合、カズこと三浦知良のようにたとえ全盛期を過ぎても、ボロボロになるまで現役にこだわり続ける選手も多い。

本田の場合は、そのプライドの高さからカズタイプにはなり得ないだろう。思った通りのプレイができない自分に納得がいくとは思えないからだ。

そうなってくるとターニングポイントは、やはり2018年のロシアワールドカップだ。

言わずもがなサッカー選手にとってワールドカップが一つの節目である。

中田英寿も、2006年のドイツワールドカップで30歳の若さで引退をしている。30歳、つまり今の本田圭佑の年齢だ。

また、引退後はどのような生活を送るだろうか。

一般的なサッカー選手の引退後は、監督を目指してクラブスタッフになるか、知名度がある人はサッカー解説者になったりするが、本田がそのような道をたどるとは思えない。

有力なのが、自身がクラブオーナーを務めているオーストリアのSVホルンの経営に本腰を入れることだ。

自身が監督になっても面白いだろう。

他にも、サッカースクール「SOLTILO FAMILIA」を日本で開講しており、その輪を日本に留まらずアジア展開していくだろう。

 

 

Sponsored Link

 

本田圭佑が日本語でツイッターと人生哲学は?

そんな中、本田圭佑が日本語てツイッター始めた。

以下ツイート内容。

 

サッカーに対してのダイレクトな表現はないが人生について価値観や哲学について共有していきたいという内容。

本田圭佑はビジネスセンスもあるようですし、さらに教育分野に関心が高い。

自ら少年サッカースクールを立ち上げそのスクールではサッカーの技術についてだけでなく、以下の教育理念を掲げている

「大人になっていくために必要なことを学んでもらいたい」「子供に多くの選択肢を与え、自分で判断する。または決断することを学ばせます」

引退後は経営者の展開も楽しみだが、子供達を教育する立場に進んで行く可能性もありそうだ。

いずれにしても、この若さで、こういう考えを持っていることがやはり凡人ではない!

 

 

まとめ

今回は『本田圭佑の移籍先候補はどこ?引退時期はいつなのかの理由と人生哲学は?』についてお届きしました。

まとめます。

■本田圭佑の移籍先候補はどこ?
⇒最も有力視されているのが、スペインのリーガ・エスパニョーラ

■本田圭佑の引退時期はいつなのかの理由
⇒節目の2018年のロシアワールドカップかな?

■本田圭佑が日本語でツイッター
⇒人生哲学が凄い!

本田圭佑の移籍先候補はどこなのか?引退時期はいつなのか?等々がいろいろ気になりました。

しかし、サッカーで一流というだけでなく、すでにビジネス、教育等の分野でも一流のオーラーを漂わせている!

今後の活躍が楽しみ!

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ