hot-lifeinfo

ヘボットのOP主題歌フル動画が神!アニメの歌を聞くだけで干支を暗記!

ヘボットのOP主題歌フル動画が神がかってる!

 

このアニメの歌を聞くだけで干支を暗記できる!これはすごい!

 

聞き流すだけで英語をマスターできる教材のような世界?

 

今回はヘボットのオープニング主題歌がいかに素晴らしいかについてお届けします。

 

 

Sponsored Link

 

 

ヘボットのOP主題歌フル動画が神!

 

このアニメ!まったく意味不明なのだが人気があるようです。

 

ねじを擬人化しているようですが、ネジにこんな需要があることを見抜いた、マーケッティング力はすごい!いったいどこからそんな発想は出てくるのか!

 

まさに神ってる!

 

さらに、このオープニング主題歌!意味不明レベルをさらに加速させているが、曲は素晴らしい!というかかなり、難しい曲に感じる。

 

二転三転するテンポに驚いていると、いつの間にか干支の歌詞が刷り込まれていく!

 

子[ねずみ]

丑[うし]

寅[とら]

卯[うさぎ]

辰[たつ]*

巳[へび]*

午[うま]

未[ひつじ]

申[さる]

酉[とり]

戌[いぬ]

亥[いのしし]

 

*主題歌では辰[たつ]・巳[へび]の部分はリピート!

 

かなり、高度な曲!

 

 

 

アニメの歌を聞くだけで干支を暗記!?

唐突ですが、今年の干支は何か覚えていますか?

 

最近では、唯一の干支が活躍する場である年賀状も書く人が減ってきており、干支が何か覚えていない人も増えているのではないでしょうか。

 

ましてや昭和では「子、丑、寅…」と誰でも干支の順番を数え歌で歌えたものですが、今の時代、前述したように、今年の干支すら分からないくらい、干支を順番に言うなんて至難の業なのかもしれない。

 

しかし、日本においても古くから伝わる伝統。

 

年表記も、平成〇年と元号表記での記載がめっきり減って西暦表記ばかりになっている。

 

干支も忘れ去られて星座ばかり覚えてるようになってしまうのはあまりにも寂しいと感じる人は多いでしょう。

 

しかし、今の子供たちは干支をすらすらと言える!

 

このように忘れされつつあると心配される干支の存在ですが、何故だが小学生や幼稚園児のなかにはスラスラと干支を言える子供が続出しているのです。

 

脱ゆとり教育として、学校で干支を教え始めているわけでもありませんし、森友学園の幼稚園が教育勅語を幼稚園児に暗唱させていたようなことでもありません。

 

つまりこのアニメの主題歌の影響なのです。

 

 

Sponsored Link

 

 

ヘボットとは!

このアニメは、毎週日曜日朝7:00から放送されている「ヘボット」。

 

ネジをテーマにキャラクターたちがバトルするなどのギャグ漫画で、子供たちが大好きな(大人も大好きな)下ネタも子供用アニメとしては珍しく多用していることでも話題なのです。

 

日曜日の朝7時と言う、普通なら寝坊したくなる日に、子供たちの早起きの手助けをしてくれている「ヘボット」ですが、そのヘボットの主題歌の歌詞に干支が順番通りに登場するのです。

 

前述した昭和の時代の干支の数え歌とは若干メロディが異なり、一言で言ってしまえばハチャメチャな感じなのですが、不思議と耳に残るメロディアスな曲です。

 

多くの子供たちが、干支の順番を覚えているなんて思ってもいないし、そもそも干支の存在すら知らない子がほとんどでしょう。

 

しかし、子供の頃の記憶というものは、不思議なほど覚えているものです。

 

きっと、干支の存在が分かった大人になってからも、干支の順番を思い出すときには、この「ヘボット」の主題歌を口ずさんでしまう人が続出するに違いありません。

 

 

まとめ

今回は『ヘボットのOP主題歌フル動画が神!アニメの歌を聞くだけで干支を暗記!』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■ヘボットのOP主題歌フル動画が神!

⇒すばらしい。神ってる!

 

■アニメの歌を聞くだけで干支を暗記!?

⇒いつの間にか口ずさんでお覚えている

 

■ヘボットとは!

⇒神アニメ

 

 

アニメの歌を聞くだけで干支を暗記できるっていいですね!

 

ちなみに、このヘボット、バンダイも共同プロデュースに名を連ねており、メディアミックスで多くの関連おもちゃも発売初めてます。

 

アニメ人気に比例するようにおもちゃもブームを起こす予感がしています。

 

ネジの擬人化に需要があるって誰がひらめいたのか?凄い!

 

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ