hot-lifeinfo

外見至上主義の作者☆漫画家パクテジュンって誰?オルチャンから会長に!

外見至上主義の作者の漫画家パクテジュンって誰?って思いますよね!この人すごい人なのです!オルチャンから一気に会長に上り詰めた韓国話題の人物なのです。

今韓国の若者たちに一番人気のウェブトゥーン「外見至上主義」。その人気の秘密はストーリーの面白さと実際の世界を風刺しているところなんだとか。

読者たちの共感をしっかり得ています!

ドラマ化?映画化?も間近なのではと予想されています。そんな外見至上主義の作者の漫画家パクテジュンについて紹介します。

 

☆★他の外見至上主義の記事一気読みは、こちらからどうぞ!★☆

外見至上主義一覧

外見至上主義の記事まとめ一覧です。

 

今回の記事は

『外見至上主義の作者の漫画家パクテジュンって誰?オルチャンから会長に!』

についてお届けします!

 

Sponsored Link

 

 

外見至上主義の作者パクテジュンって誰?オルチャンから会長に!

もともとオルチャンというネット(ミニホムピ、ミニホームページという名前のSNS。日本でいう昔のミクシィーというコミュニティーサイトで今でいうインスタグラムとか)で自撮りなどをアップしかっこいいと話題になっていた人物。

その格好良さが話題となりネットモデルを始めたり、オルチャン時代という番組などにも出演してメディアへの露出も。

そして当時若者たちの憧れであったインターネットショッピングモールの運営に成功して会長に。

アボキというショッピングモールを運営しています。

そのショッピングモールのロゴのデザインもパク・テジュン作家が直接描いたものなんだとか。もともとオルチャンとして人気だった方が、ウェブトゥーン作家としても、ショッピングモール運営も成功してしまい、すごい人物だと尊敬されています。

 

 

 

外見至上主義の作者は、ただの漫画家さんじゃない

ハッピートゥゲザーという番組に出演した時、自分のことについて語っていました。大学でも漫画学科へ進学したパク・テジュンさんはもともと漫画家が夢だったのだとか。

しかし成功するかわからない世界なので、のちに余裕ができたら40歳~50歳ごろに始めれば良いやと考えていたのだとか。家が東大門(トンデムン、韓国の服の問屋街)にあったため、自然と服屋さんでお仕事を始めたそう。

そのまま服のお仕事を続けてもっと服を売ろうとネットショッピングを始めたところ、大成功をして漫画家になる機会をすぐに迎えることができたのだとか。

しかもモデルにオルチャン出身の友人に依頼をするなど、今までないネットショッピングのスタイルで話題になりました。

ウェブトゥーン作家になってからは月に1000万ウォンも稼げるようになたのだとか。漫画の月収を除いて広告収入だけでも月に1000万ウォンも稼げたのだとか。

 

パクテジュンの生い立ちは?関心を集めることで成功

幼い頃は貧乏な家庭で、両親も金銭トラブルでよくケンカをして、弟は口も聞けないような心を閉ざした子になってしまったのだとか。高校を卒業してパク・テジュンさんは家を出て独立した。

独立後も母親とはよく連絡を取っていたが、父親とは全く連絡を取っておらずあってもいないのだとか。

こんな過去のせいで職業について独特な考えを抱くようになったのだそうです。

彼は「正直有名になりたい」と語った。もともとオルチャンとして有名だった彼が、そのままの名前でペンネームを使わずに、パク・テジュンという名前を使ってウェブトゥーンを書いたのもその理由だそう。

ペンネームをつけてしまうとパク・テジュンという名前を世に広めることができません。韓国のウェブトゥーンでは実際本名よりもペンネームで活動している作家さんが多いのにもかかわらず、パク・テジュンという本名で活動している彼はとても目に行きます。

「最近の流行語でカンシムジョンジャ(直訳で関心のたね、かまってちゃんという意味)という言葉があるが、まさに自分のことを表す言葉みたい。何をするにも人々の意見や反応が気になる。」と話している。

また「職業よりも重要なことは関心を集めることだ。職業なんて自分で作ってしまえば良いのだ。自分がウェブトゥーン作家になる前の職業はオルチャンだったと言えるだろう。今現在は、かまってちゃんで人々の関心を集める人だと言えるでしょう。」という成功者らしい面白い言葉を残している。

でも実際にパク・テジュンさんは関心を集めることで儲けているとも言えるでしょうww

ショッピングモールも自分のオルチャンとしての知名度と仲の良い先輩の資本金でショッピングモールを作って年収300億ウォンにまで上り詰めたという。でもこれはただ運が良かっただけなのだと語る。

特に経営や起業について学んだことはないし自分は他の人よりも無知な方だと言った。自分が他の人にどう思われているのか、関心を集めたいという気持ちが強くて、今の自分ができたのだそう。

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は『外見至上主義の作者の漫画家パクテジュンって誰?オルチャンから会長に!』についてお届けします!

まとめますね。

■外見至上主義の作者パクテジュンって誰?オルチャンから会長に!
⇒若者たちの憧れであったインターネットショッピングモールの運営に成功して会長に。

■外見至上主義の作者は、ただの漫画家さんじゃない
⇒漫画のようなサクセスストーリー

■パクテジュンの生い立ちは?関心を集めることで成功
⇒マーケティングはうまいということかな。

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:外見至上主義のネタバレ☆バスコとボムジェのモデルは誰?韓国漫画

関連記事:外見至上主義のネタバレ!眉毛がかっこいい歌手☆シャイニーのキーがモデル?

関連記事:外見至上主義☆韓国版のネタバレと感想!作者は元オルチャンモデル!

外見至上主義のモデル、作者についての関連の記事です!

 

外見至上主義の作者の漫画家パクテジュンって誰なのか、どういう人物なのかお分かりいただけましたでしょうか?

オルチャンから一気に会長に上り詰め、夢であった漫画家に!というまさに漫画のようなサクセスストーリー!そのサクセスストリーが外見至上主義のネタにもなってます。シナジージー効果も起きてる状態です!

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ