hot-lifeinfo

外見至上主義の作者パクテジュンのイケメン画像!年収も凄い起業家?

外見至上主義の作者パクテジュンはイケメンです!

どんなイケメンか気になりますよね!そこで画像物色してみました!

さらに年収も凄い起業家!つまりハイスペックイケメンです!

オルチャンから一気に会長に上り詰めた韓国話題の人物なのです。

 

そのパクテジュンの外見至上主義の登場人物っておしゃれですよね!

それは、パクテジュンが元オルチャンモデルだからです。

漫画の中でもオシャレエピソードシーンがあります。

それは作者本人の体験談が混じっているのでしょう!

 

今韓国の若者たちに一番人気のウェブトゥーン「外見至上主義」。

その人気の秘密はストーリーの面白さと実際の世界を風刺しているところなんだとか。

読者たちの共感をしっかり得ています!

 

ドラマ化?映画化?も間近なのではと予想されています。

今回は、外見至上主義の作者の漫画家パクテジュンについて紹介します。

 

また、ウェブトゥーン作家繋がりのギアン84さんとの私生活や年収についてのやり取りも併せて紹介します!

 

 

Sponsored Link

 

 

外見至上主義の作者パクテジュンのイケメン画像!

 

韓国で今最も若者に読まれているネット漫画、外見至上主義のパク・テジュンさんについてご紹介していきます。

ウェブトゥーン作家ってもともと別のお仕事をしながら漫画を描いている人もいれば、漫画だけで生活している作家さんもいます。

しかしペンネームを使っている方が多く、作家の正体は謎ということが多いです。

作者たちも自分だとバレないようにしている方が多いです。

 

しかし、この外見至上主義のパク・テジュンさんは本名で活動しメディアにも時々出ています。

本人ということバレバレでウェブトゥーン作家として活動している珍しい人物ですw

でも彼がもともとオルチャンだったとか、ショッピングモールの代表ということを知らずに漫画を楽しんでいる若者も実際多いです。

そんなに作者には興味がわかないものですもんね。。

ウェブトゥーン作家だけでは人気作家になることも難しいと言われていますが、なれたとしても漫画を描くだけで稼ぐのは大変な世界だとも言われています。

 

 

外見至上主義の作者パクテジュンは年収も凄い起業家!

パク・テジュンさんはショッピングモールで年収300億ウォン(円換算はザックリ1/10)を稼ぐ韓国でも代表する成功者の一人。

しかも大人気俳優キム・ウビンや子役から人気のキム・ユジョン、キム・ソヒョンなどの女優が所属するサイダースHQエンターテインメントという事務所にも所属しています。

これからもメディアで活動してくれそうですよね。注目されている人物です。

そんなパク・テジュンさんはどんな暮らしをしているのでしょうか。気になりますよね。

2015年3月に韓国のバラエティ番組「現場トークショー タクシー」に出演したパク・テジュンさんは、自宅などプライベートな部分をたくさん公開してくれました。

 

 

 

 

 

パクテジュンとギアン84がウェブトゥーン作家つながり!

この番組には、同じくネイバーウェブトゥーンで人気の映画化もされた「ファッション王」や「復学王」の作家、

ペンネーム:ギアン84さん、本名:キム・フィミンさんと一緒に出演しました。

番組では大人気オルチャンモデルから、年間300億ウォンを稼ぎ出すショッピングモールの代表、そしてウェブトゥーン作家へと返信し続ける心境や収入、私生活などなどを語りました。

 

また、整形についても語ってくれました。

「グァンヒ(スタイルはいいけどブサイクなキャラクターとして韓国で活躍する俳優、タレント)よりはしました。」と自身の整形事実について語った。

 

そして特に気になるのは収入のお話ですよね。

人気ウェブトゥーン作家の二人はお互いに話しました。

ギアン84さんは、ファッション王(現在連載終了中で有料で読むことができます。続編の復学王は現在毎週水曜日に連載中。139話目)

というウェブトゥーンを2年間連載して30坪のマンションを賃貸で借りることができるようになり、母親に車を1台プレゼントできるほど稼いだそう。。!!

 

でも成功した反面、ウェブトゥーン連載中にパニック障害を起こしたそう。。

パク・テジュンさんが暴露。ウェブトゥーン作家は一人で家にこもってひたすら書き続けなければいけないという、なかなか過酷な職業。。

他の仕事のように人と達成感や疲労感を共有することができません。

そんなこもりきって一人で漫画を描き続ける生活を7年間も送っていたら、パニック障害になってしまったのだとか。。

 

さらにウェブトゥーンの評価や反応はコメントで直に読者たちの反応を見ることができます。そんな緊張や、締め切りが追ってくるストレスもあったのだそう。

お互いウェブトゥーン作家ということでつながりがあったそう。

 

 

 

パクテジュンとギアン84の私生活!自宅も

京畿道にあるネイバーの本社の高層マンションに住んでいるというギアン84さんは同番組内で自宅と私生活を公開してくれました。

男の部屋といった感じの雰囲気が漂います。

こじんまりとしていますが、綺麗です。漫画も部屋で書いて作業室も兼ねているそう。

ベッドがあるにも関わらずいつも物が転がっている床やソファーなどで眠ってしまうそう。数年前から母親も呼んで犬と一緒に三人で暮らしているそうです。

お母さんが締め切りは終わらせたのかと気にかける一面も。。

 

そして締め切りに追われながら描き続ける一日。「ファッション王」の作者であるにもかかわらず、そこらへんにある服を適当にきているというギアン84ww

しかも、冬なのに裸足にスリッパで外出!!視聴者たちからは、ペピ(おしゃれな人という意味で使われる単語ファッションピープルを韓国語で略したもの)だと冗談で言われた。

ファッション関係の漫画を描いたけれど本人自体は服屋おしゃれにあんまり関心がないのだとかwwパジャマから適当な服に着替えて向かった先は家からすぐ近くのPCバン(日本でいうインターネットカフェ。

 

バンとは韓国語で部屋という意味)。漫画のアイディアを探しに時々外へ出るのだとか。真剣な顔でずっとパソコンの画面を見つめる姿はやはりプロの漫画家のよう。。

と思いきや、ネットゲームをしているというwwゲームは脚本のないドラマだそうですwそして帰宅し深夜まで漫画を描き続けたそうです。そんな人との関わり少ない生活を送っているのだそう。

 

 

一方、外見至上主義の作者パク・テジュンは、自分のネットモールの仕事もしつつ、漫画の締め切りに合わせて作業もしつつと忙しく過ごしていました。

オンラインショップの管理もしていますが、直接オフラインのお店にも足を運ぶという代表っぽい一面も見せてくれました。

そして一日に10時間ほどがウェブトゥーンを描くことに費やしているそう。

 

深夜まで作業して、朝は遅めに起床して仕事を始めるのが一日の生活リズムだそうです。

事務所からの作業室からの事務所を毎日繰り返しているのだとか。

パク・テジュンさんは今まで全て成功していて人生上手くいっていて楽しく暮らしていてちょっとムカつくと思うかもしれませんが、幼い頃は貧乏でとても苦労したのだとか。

そこから努力していろんなことに挑戦して頑張ったんだとか。

 

 

パクテジュン、父親との20年ぶりの電話

ギアン84さんも、幼い頃裕福ではない家庭で育ち、父親と喧嘩して家を出てしまったそう。そして胃がんにかかって亡くなてしまった父親に親孝行できなかったことを後悔していると語った。

同じく裕福ではない家庭で育ったパク・テジュンも父親とは仲が良いう方ではなく、連絡も全然撮っていなかったと語る。

 

番組の司会者は勇気出して決心して父親に一言でも電話をかけてみてはどうだと提案し、20年ぶりに父親との会話が実現。

父親はどこにいるんだと尋ねると、事務所の近くだよなんていう、気まずくもあるがたわいもない会話を交わした。

そんな光景を司会者とギアン84は微笑ましく満足げにみていた。

 

 

 

外見至上主義の作者パクテジュンはオルチャンから会長に!

パクテジュンは、もともとオルチャンというネット(ミニホムピ、ミニホームページという名前のSNS。日本でいう昔のミクシィーというコミュニティーサイトで今でいうインスタグラムとか)で自撮りなどをアップしかっこいいと話題になっていた人物。

 

その格好良さが話題となりネットモデルを始めたり、オルチャン時代という番組などにも出演してメディアへの露出も。

そして当時若者たちの憧れであったインターネットショッピングモールの運営に成功して会長に。

アボキというショッピングモールを運営しています。

 

そのショッピングモールのロゴのデザインもパク・テジュン作家が直接描いたものなんだとか。もともとオルチャンとして人気だった方が、ウェブトゥーン作家としても、ショッピングモール運営も成功してしまい、すごい人物だと尊敬されています。

 

 

 

パクテジュン、ただの漫画家さんじゃない

ハッピートゥゲザーという番組に出演した時、自分のことについて語っていました。大学でも漫画学科へ進学したパク・テジュンさんはもともと漫画家が夢だったのだとか。

しかし成功するかわからない世界なので、のちに余裕ができたら40歳~50歳ごろに始めれば良いやと考えていたのだとか。家が東大門(トンデムン、韓国の服の問屋街)にあったため、自然と服屋さんでお仕事を始めたそう。

そのまま服のお仕事を続けてもっと服を売ろうとネットショッピングを始めたところ、大成功をして漫画家になる機会をすぐに迎えることができたのだとか。

 

しかもモデルにオルチャン出身の友人に依頼をするなど、今までないネットショッピングのスタイルで話題になりました。

ウェブトゥーン作家になってからは月に1000万ウォンも稼げるようになたのだとか。漫画の月収を除いて広告収入だけでも月に1000万ウォンも稼げたのだとか。

 

 

パクテジュンの生い立ちは?関心を集めることで成功

幼い頃は貧乏な家庭で、両親も金銭トラブルでよくケンカをして、弟は口も聞けないような心を閉ざした子になってしまったのだとか。

高校を卒業してパク・テジュンさんは家を出て独立した。

独立後も母親とはよく連絡を取っていたが、父親とは全く連絡を取っておらずあってもいないのだとか。

こんな過去のせいで職業について独特な考えを抱くようになったのだそうです。

 

彼は「正直有名になりたい」と語った。もともとオルチャンとして有名だった彼が、そのままの名前でペンネームを使わずに、パク・テジュンという名前を使ってウェブトゥーンを書いたのもその理由だそう。

ペンネームをつけてしまうとパク・テジュンという名前を世に広めることができません。

韓国のウェブトゥーンでは実際本名よりもペンネームで活動している作家さんが多いのにもかかわらず、パク・テジュンという本名で活動している彼はとても目に行きます。

 

「最近の流行語でカンシムジョンジャ(直訳で関心のたね、かまってちゃんという意味)という言葉があるが、まさに自分のことを表す言葉みたい。何をするにも人々の意見や反応が気になる。」と話している。

また「職業よりも重要なことは関心を集めることだ。職業なんて自分で作ってしまえば良いのだ。自分がウェブトゥーン作家になる前の職業はオルチャンだったと言えるだろう。今現在は、かまってちゃんで人々の関心を集める人だと言えるでしょう。」

という成功者らしい面白い言葉を残している。

でも実際にパク・テジュンさんは関心を集めることで儲けているとも言えるでしょうww

 

ショッピングモールも自分のオルチャンとしての知名度と仲の良い先輩の資本金でショッピングモールを作って年収300億ウォンにまで上り詰めたという。

でもこれはただ運が良かっただけなのだと語る。

特に経営や起業について学んだことはないし自分は他の人よりも無知な方だと言った。

自分が他の人にどう思われているのか、関心を集めたいという気持ちが強くて、今の自分ができたのだそう。

 

 

 

 

外見至上主義☆韓国版のネタバレと感想!人気の理由は?

34話~38話の「中古ラナ」エピソードを中心に見ていきます。中古ラナとは中古品の売買をするサイトです。

実際に韓国にあるサイト名は中古ナラという名前で、直訳すると中古王国という感じの名前です。

日本でいうと今ならメルカリやヤフーオークションのようなサイトです。

 

特に手に入れるのが難しいブランド品のスニーカーやパーカーが売買されていますが、韓国はとても偽物の流通が多いので、タグなども注意して見ないといけないし、値札やレシートの本物という証拠の写真があっても現実ちょっと信用できないイメージ。。

実際に外見至上主義のエピソード同様、偽物を売りつけておいて本物分の代金を取られてしまたりという詐欺被害にあってしまうこともよくあるのだとか。

そんな実際の出来事をこのエピソードでは描いています。

なので共感する声が多発。

 

またそんな詐欺などを学生など若い子達が行なっているというから驚きです。

そんな事件も多発したため今はしっかり取り締まりが厳しくなっていると思うので安心して利用して大丈夫でしょう。。(多分?)

こんなふうにパクテジュンの外観至上主義は実際のできごとや、体験談をモチーフにされている感じで読者たちの共感を得て大人気となっ他のだと思います。

 

 

外見至上主義の登場人物はオシャレ!

この外見至上主義の作者が元オルチャン出身で韓国の元祖大手インターネットショッピングモールの会長ということもあって登場人物たちの服装や靴が全てオシャレなのに気づきましたか?!

ジバンシーのパーカーを着ていたり、ジョーダンの靴を履いていたり、韓国の男の子たちがまさに大好きなファッションをこの外見至上主義の登場人物たちは身につけています。

そんな細かいところのおしゃれまで気を使って描いているため面白いと話題になっています。

 

71話、72話のフィッティングモデルというエピソードではなんと主人公のヒョンソクがインターネットショッピングモールのフィッティングモデルになります。

ホンデやハプチョン、シンサのカロスキルなどのカフェ通りでは今でもショッピングモールのフィッティングモデルたちが撮影しているのをよく見かけることがあります。

まさに外見至上主義のエピソード同様、服をたくさんかけた車があってカメラマンとモデルといった感じです。

 

フィッティングモデルとは昔では一つのアイドルのようなものでしたが、今は特にパッと思い浮かぶ人気なフィッティングモデルさんはいませんね。

韓国では昔フィッティングモデルになることやインターネットショッピングモールを立ち上げることが一つのアイドルのような人気を誇っていました。

ただのショーモデルやアイドルになるよりもフィッティングモデルがオルチャンという名前で人気を誇っていました。

テレビ番組を行ったり、イベントもあったり。。

 

でも正直整形顔だったり、お化粧バッチリだったり、フォトショップ(写真の加工)をしてないとそんなに可愛くないとか、実際に見るとちんちくりんだとか言われてオルチャンという単語は韓国ではもうすでに死語になってしまいましたが。。。

でも一時期韓国ではオルチャンが一世を風靡していた時代がありました。あの頃のオルチャンはいま?彼らはいま何をしているのか気になるところですが。。

自分でショッピングモールを設立して稼いで成功している人もいれば、そのままずるずるフリーターだったりするそうです。

 

今オルチャンに当たるのがインスタアイドルだと思います。

インスタグラムで自撮りやファッションコーディネートをあげている人たちが人気を誇っています。

もしかしたら次の外見至上主義の話題はインスタアイドルになるかも!?しれませんね!!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は『外見至上主義の作者パクテジュンのイケメン画像!年収も凄い起業家!』についてお届けしました。

 

まとめます。

■外見至上主義の作者パクテジュンのイケメン画像!
⇒やはりイケメンです!

■外見至上主義の作者パクテジュンは年収も凄い起業家!
⇒ハイスペックイケメンです!

■パクテジュンとギアン84がウェブトゥーン作家つながり!
⇒共に成功者ですが苦労人です。

■パクテジュンとギアン84の私生活!自宅も
⇒忙しくしてます。

■パクテジュン、父親との20年ぶりの電話
⇒親孝行はやるべき

■外見至上主義の作者パクテジュンはオルチャンから会長に!
⇒インターネットショッピングモールの運営に成功。

■クテジュン、ただの漫画家さんじゃない
⇒ネットショッピングでも稼いでる

■パクテジュンの生い立ちは?関心を集めることで成功
⇒貧乏だが、人の関心を集める作戦で成功

■外見至上主義☆韓国版のネタバレと感想!人気の理由は?
⇒実際の出来事をこのエピソードでは描いています。

■外見至上主義の登場人物はオシャレ!
⇒作者が元オルチャンならでは

 

 

☆★他の外見至上主義の記事一気読みは、こちらからどうぞ!★☆

外見至上主義一覧

外見至上主義の記事まとめ一覧です。

 

 

外見至上主義の作者パクテジュンのイケメン画像すてきですね!

しかも年収も凄い起業家!つまり、ハイスペックイケメンでした。

 

パクテジュンとギアン84さんとは、お互い忙しそうですが、ウェブトゥーン作家ということでつながりがあったそうで仲がよさそうですね!

普段何気なく読んでいるウェブトゥーンでも、作者たちはこんなに苦労して考えて作られているものなんだと、韓国のウェブトゥーン読者たちは彼らをより尊敬する眼差しに!

 

外見至上主義の作者の漫画家パクテジュンって誰なのか、どういう人物なのかお分かりいただけましたでしょうか?

オルチャンから一気に会長に上り詰め、夢であった漫画家に!というまさに漫画のようなサクセスストーリー!

そのサクセスストリーが外見至上主義のネタにもなってます。

まさに、シナジージー効果ですね!

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ