hot-lifeinfo

朝礼スピーチネタ困る!仕事の雑学で適当にやり過ごせるネタはある?

朝礼でのスピーチのネタに困る!仕事の雑学で適当にやり過ごせるネタはある?

 

この辺とっても気になりますよね。

 

 

今回は仕事の雑学で使えるネタに

 

ついてお届けします。

 

 

Sponsored Link

 

 

朝礼のスピーチネタに困るなら仕事の雑学がオススメ

れんとさん(@rento_h4)がシェアした投稿

 

朝礼のスピーチ…そのワードが出ただけで、なんか頭痛が!!

 

なんて人も多いのではないでしょうか?

 

さすがに朝礼スピーチの内容でスベッたからといって

 

評価が下がるなんてことはないかもしれませんが、

 

逆に好印象になることはあり得ますからね。

 

 

ピンチでもありますが、それ以上にチャンスなのです。

 

 

朝礼のスピーチの内容ではいったいどんなネタが良いのでしょうか?

 

あまりにもディープな趣味の話をしても引かれますし、

 

当たり障りのないネタだと印象が薄い。

 

そこで、あまり準備に時間をかけずとも適当に?やり過ごせるのは、やはり仕事の雑学。

 

 

仕事の雑学だったら、スピーチのためというより、

 

自分の知識として役立ちますからネタのチョイスとしては最適なのです。

 

では、具体的にどんなネタが朝礼のスピーチにおすすめでしょうか?

 

紹介していきましょう。

 

 

 

やっぱり天気ネタは鉄板!

satokoさん(@satoko3969)がシェアした投稿

 

営業先でも、タクシーに乗った時でも、やはり天気の話は鉄板ですよね。

 

会話の糸口として最適な天気のネタですが、

 

仕事の雑学としても、とても有効的なのです。

 

 

例えば、「異常気候早期警戒情報」。

 

たまに天気ニュースを見ていると、耳にするワードですが、

 

異常気候早期警戒情報とは、毎週月曜日と木曜日の週二回、

 

大きく気候が変化する場合にだけ気象台から発表されるもの。

 

 

Twitterで気象庁のアカウントをフォローしておくと、

 

この早期警戒情報をチェックできるので、

 

急に寒くなったり、急に暑くなるという気候の変動がすぐさま分かり、

 

営業など仕事の計画にも大いに役立つのではないでしょうか?

 

 

 

最近、流行りのアンガーマネジメント

ほうかん ぽっけさん(@houkanpokke)がシェアした投稿

 

ここのところ、よく聞くようになったアンガーマネジメント。

 

日本語に直訳すれば、怒りの調整って感じでしょうか?

 

営業先や時には上司に、人によっては部下にイライラして怒りで

 

沸騰しそうになる時は、誰でもあるもの。

 

そんなときは、まず6秒我慢してみましょう。

 

 

何故、6秒とか言えば。怒りの感情のピークは最大でも6秒程度なのだそうです。

 

 

この6秒の間に目を閉じて心を落ち着かせてみると、

 

大抵、怒りのボルテージは下がっているそうですよ。

 

よく深呼吸すると良いなんて書いてあるものもありますが、

 

なかなか目の前に怒っている人がいるのに深呼吸はできませんよね。

 

目を閉じて楽しいことを考えるくらいが妥当かと思います。

 

 

何かとマスコミの挑発で失言を繰り返してしまっている麻生大臣には、

 

このアンガーマネジメントを教えてあげるとよいかもしれませんね。

 

 

 

できるサラリーマンに役立つネタ特集はこちら

 

 

 

まとめ

今回は『朝礼スピーチネタ困る!仕事の雑学で適当にやり過ごせるネタはある?』についてお届けしました。

 

まとめますね。

 

■朝礼のスピーチネタに困るなら仕事の雑学がオススメ

⇒自分の知識として役立つからネタのチョイスとしては最適

 

■やっぱり天気ネタは鉄板!

⇒「異常気候早期警戒情報」Twitterで気象庁のアカウントをフォローしておこう

 

■最近、流行りのアンガーマネジメント

⇒6秒数えて怒りを鎮める
いかがでしたか?

 

時事ネタでも仕事に役立つ雑学を

 

朝礼で語ると、こいつ出来るやつ!となるかもしれないですね。

 

 

朝礼のネタでお困りの方の

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ