hot-lifeinfo

コードブルー2017年の新キャスト予想!星野源の噂はガセネタ?

コードブルー3が2017年の7月からまさかの月9で放送決定です!

さらに新キャストに星野源の噂もあります。

これは驚きですが、ガセネタではないか、調べてみた予想です。

ここ数クールと、視聴率が二けた(10%)にのらず、伝統の月9ドラマ枠が名ばかりになってしまっているが、起死回生を目指して、今夏にあの人気ドラマが復活する。

それがズバリ、コードブルー3です!

 

Sponsored Link

 

 

新キャスト予想!星野源はの噂はガセネタ?

・ ・ これからコードブルー見る!! ・ #新垣結衣#ガッキー#がっきー#yuiaragaki#コードブルー

新垣結衣 / yuiaragakiさん(@yui__aragaki__)がシェアした投稿 –

 

ガッキー可愛いですね!

それはさて置き、キャストとしては、山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、浅利陽介とフライトドクター4名に加えて、前シリーズでもフライトナースとして登場していた比嘉愛梨の出演が決定している。

これだけのメンバーでも、いくら月9ドラマといえども豪華すぎるメンバーだが、他にも再び新垣結衣との共演となるのか星野源などの名前が挙がってます。

出演となれば、それこそ逃げ恥再び!

って感じでこれまた盛り上がること間違いなし!

というわけで、実際に星野源の出演はあるのか、いろいろ調べまわってみましたが、正式な話はまだ見当たらないです。。。

どうも、逃げ恥、再現の希望的観測から出てきた、噂レベルの状態かと思われます。

ただ、これがもし現実になれば、さらに盛り上がること間違いありませんので、可能性も無きにしも非ずです!

情報ゲットしたらまた更新します!

 

 

 

コードブルー3 2017年版とは!

2017年7月からスタートするのは、あの山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香主演の「コードブルー」。今回で3シーズンとなり、2010年の2シーズン以来7年ぶりの復活となる。

上記の3名は、この7年間で完全に主演級の俳優に成長しており、続編は厳しいと思われており、コードブルー3シーズンはガセ情報とも流れたが、公式のフジテレビのホームページにも2017年7月放送開始と出ており、実際放送されることが決定的だ。

1シーズンの平均視聴率が15.87%(木10ドラマ)、2シーズンが16.63%(月9ドラマ)と高視聴率を獲得しており、また3シーズンも人気俳優・女優が奇跡の集結をしたことから月9復活が期待されている。

 

 

 

コードブルーとは!どんなドラマ、内容は?

#山下智久 #山p #yamap #やまぴー #ヤマピー #yamashitatomohisa #tomohisayamashita #コードブルー

AOIUMI💙さん(@aoiumi_0308p)がシェアした投稿 –

 

 コードブルーは、ドクターヘリに乗り込むフライトドクターを目指す藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)という4名の若きドクターの成長を中心に描かれる日本初のドクターヘリをテーマにした医療ドラマ。

1シーズンでは、フライトドクターを目指し全国から翔陽大学附属北部病院救命救急センターに集ったところから、2シーズンでは、フライトドクターの研修修了認定まであとわずかとなった時期を描いた。それから7年後となった3シーズンでは、上記4名が正式にフライトドクターとなっており、ドクターヘリに乗り込み活躍する姿が描くと思われる。

コードブルーが人気ドラマとなったことで、ドクターヘリの認知度は上がり、1シーズン放送前までは全国でも14機しかなかったドクターヘリが、現在では50機以上と全国にあるようになるなどドラマの世界を飛び越えて、実際の社会貢献もしている。

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は『コードブルー2017年の新キャスト予想!星野源はの噂はガセネタ?』についてお届けしました。

まとめると!

■新キャスト予想!星野源はの噂はガセネタ?
⇒逃げ恥コンビ再現を望む希望的観測のようです。

■コードブルー3 2017年版とは!
⇒7年ぶりに5人結集!

■コードブルー どんなドラマ、内容は?
⇒若きドクターの成長を中心に描かれる日本初のドクターヘリをテーマにした医療ドラマ。

コードブルー2017年の新キャストですが、残念ながら星野源はの噂はガセネタとは言わないまでも、まだ希望的観測レベルのようです。ただこれが実現すれば大盛り上がりになりますので、可能性も無きにしも非ずです!

いずれにせよ7月の放送開始が待ち遠しい。

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ