hot-lifeinfo

2月の朝礼ネタ!バレンタインや節分と建国記念日どれでスピーチする?

2月の朝礼ネタ!

 

バレンタインや節分と建国記念日どれでスピーチする?

 

 

一般的に2月はイベントごとが少ないシーズン。

 

1月にお正月と言うビックイベントがあるのもあり、1月が稼ぎ時のイベント業界などは2月はお休みの月となります。

 

コンサートなども極めて少なくなる時です。

 

朝礼のスピーチ担当は、自分でその時を決められる会社は良いですが、普通そんなことないですよね。

 

ネタが豊富にあるような季節の担当になればよいですが、2月のようなイベント枯渇シーズンに当たる場合も!

 

「ここでは当たらないで!」

 

なんて思っていればいるほど当たってしまうのが常だったりします。

 

そこで、2月にふさわしい朝礼ネタを紹介していこうと思います。

 

 

Sponsored Link

 

やはり2月と言えば2月14日バレンタインデーで朝礼!

 

さて、2月と言えばどんな話のネタが思い浮かびますでしょうか?

 

節分の豆まき、恵方巻、2月11日の建国記念日などでしょうか?

 

あともう1つありますよね。そうです。

 

2月14日のバレンタインデーです。

 

最近は、バレンタイン商戦が10月のハロウィン商戦に負けるなど盛り上がりはイマイチになっているバレンタイン。

 

上司の世代などでは、2月14日になると、男子は朝からそわそわしていたり。。

 

ずる賢い子だったら事前に女の子に頼んでいたりなど、多かれ少なかれ思い出があるものです。

 

大人になった今でもバレンタインネタでは淡い少年時代も思い出して印象に残る良い朝礼スピーチになるのではないでしょうか?

 

 

Sponsored Link

 

バレンタインを仕事に繋がる朝礼に!

まず、営業マンなど経済ネタに強いところを見せたい人におすすめなのが、「バレンタイン商戦を復活されるコツ」について持論を述べるスピーチです。

 

前述したように、現在、LINEなど気軽にコミュニケーションが取れる手段が増えたことと、男子の草食化が進んでいます。

 

2月14日に告白するようなイメージは減り、社会人では義理チョコのめんどくささばかり残っています。

 

そこで、これからのバレンタインで注目されるのが、自分へのご褒美チョコ。

 

有名チョコブランドなどでは近年、こぞって自分用の日頃より若干豪華仕様のチョコを発売しています。

 

これが流行ってきたと言う指標には、コンビニでも「自分用」と銘打ってきたら、この流れが止められないのではないでしょうか?

 

また、世界のバレンタインデー事情なども国際化企業などでは面白いかもしれません。

 

台湾などでは1年に2回バレンタインデーがあったり、ヒンズー教やイスラム教の国では禁止されていたり様々。

 

その点、日本は今は勢いが衰えてきているとはいえ、チョコを意中の人に上げると言う習慣を作り上げたことは、お菓子メーカーの商魂がたくましい証拠ではないでしょうか?

 

 

できるサラリーマンに役立つネタ特集はこちら

 

 

 

まとめ

今回は『2月の朝礼ネタ!バレンタインや節分と建国記念日どれでスピーチする?』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■やはり2月と言えば2月14日バレンタインデーで朝礼!

⇒バレンタインでOK

 

■バレンタインを仕事に繋がる朝礼に!

⇒バレンタイン事情を語ろう!

 

2月は全体的のネタに乏しいですげ、バレンタインデーがあるので助かります。

このバレンタインデーをこねくり回して、仕事にうまく絡めましょう!

 

 

 

Sponsored Link
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ